ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【空腹時閲覧注意】アニメ「陽だまりの朝食」で描かれる“ビーフン”を再現してみた

%e9%99%bd%e3%81%a0%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%9c%9d%e9%a3%9f01

『君の名は。』『秒速5センチメートル』など新海誠監督作品で知られるコミックス・ウェーブ・フィルムの最新作『詩季織々』が絶賛公開中。本作は、”衣食住行”をテーマに、3つの短篇が織りなす青春アンソロジーです。この度、短篇の一つ「陽だまりの朝食」より名シーンとの誉れ高い“ビーフン”の調理シーンを、実写で再現し比較した映像が完成しました。

8月4日に公開をむかえた本作、SNS上では様々な感想が書かれていますが、注目なのが”ビーフン”に纏わる投稿。”ビーフン”は、湖南省を舞台とした「陽だまりの朝食」で描かれる思い出の味。湖南省の人にとって、ビーフンはまさにソウルフードです。本編では数々のビーフン映像が登場しますが、中でも、冒頭約2分位から三鮮ビーフンができるまでの調理シーンは、まさに圧巻。

%e9%99%bd%e3%81%a0%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%9c%9d%e9%a3%9f02

CGを使わず、まるで生きているかのように踊る麺、新鮮な食材、揚げたての目玉焼き、透き通ったスープといったカットの数々が息をのむほどの迫力をもって描かれ、否が応でも胃袋を掴まれます。

実際に、SNS上でも、ビーフン美味しそう、お腹がすいた、飯テロ、食べたいなどのワードが多数みられ、ビーフンを食べたい人が急増中。そしてこの度、自家製米粉麺(ビーフンメン)と本格的湖南料理が味わえる李湘潭 湘菜館の協力のもと、その名シーンを、どこまで再現できるのかに挑戦した実写映像が完成。本編の音声と共にお楽しみ下さい。尚、空腹時、真夜中に観るには注意が必要です。

【空腹時閲覧注意】アニメ「陽だまりの朝食」で描かれる“ビーフン”を再現してみた
https://www.youtube.com/watch?v=SbC_TnxPbI0

%e9%99%bd%e3%81%a0%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%9c%9d%e9%a3%9f03

【三鮮米粉(さんせんビーフン)】米が原材料の平たい麺とスープの上に、季節ごとの具材をのせた湖南省周辺のなじみの深い料理。朝食からの利用は一般的。本編では3つのスタイルの三鮮ビーフンが登場。

【ここで食べられる!「陽だまりの朝食」ビーフン】劇中に登場するビーフンを再現
◎店舗:李湘潭 湘菜館(墨田区錦糸2-7-12 徳重ビル 1F) 値段:¥ 1,000(税込)※期間限定:~9/30(日)

【関連記事】『秒速5センチメートル』へのオマージュが話題! 映画『詩季織々』リ・ハオリン監督&竹内良貴監督インタビュー
https://getnews.jp/archives/2067101 [リンク]

『詩季織々』公式サイト
https://shikioriori.jp [リンク]

(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy