ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気メニュー「ワイルドステーキ」300gが明日まで1000円! 「いきなりステーキ」初心者用の小ネタ集

ikinari01

昨日8月6日より、「いきなりステーキ」では300号店を記念し明日8日まで人気メニューの「ワイルドステーキ」300gが1390円のところ1000円(税別)にて提供されている。

参考記事:いきなりステーキ300号店記念! 8月6日から3日間ワイルドステーキ300g1390円が1000円に!!
https://getnews.jp/archives/2066907[リンク]

なんともお得な3日間、SNSでは、全国各地で行列が出来ているとの報告があったりした。

今回の「ワイルド祭り」を機会に、「いきなりステーキ」にいきなり行ってみようという方もいるかもしれない。
まずは、気をつけて欲しいのがコレである。

・ポットに入っているのはステーキソースで、お水ではない

ikinari02


漫画家の横山了一先生(@yokoyama_bancho)も間違ってしまったようである。

・つけあわせは基本コーンだが、ブロッコリーなどにチェンジも可能

ikinari10

・土日祝日にランチをやっているお店も
スープ・サラダ・ライスのつくランチメニューがお得。平日のみだが、一部店舗では土日祝日もやっている。チェックしてみてはいかがだろうか。

【期間限定!】土日祝日もランチやります! | いきなり!ステーキ
http://ikinaristeak.com/news/donitishukujitu_lunch/[リンク]

・マイレージカードは何かとお得
食べた肉の量がマイレージとしてたまっていくカード。こちらには、プリペイド機能の「肉マネー」なるものがチャージできるのだが、チャージ金額3000円で1%、5000円で2%、10000万円で3%のボーナスがつく。肉の日(29日)は5倍キャンペーンで1万円チャージにつき1500円分もお得に。通常のワイルドステーキ300gのお値段分(1390円プラス消費税)である。

・がんばってゴールドになろう
マイレージカードにはランクがあり、3000g以上食べるとゴールドカードにランクアップ。ランクアップ時には1000円分のクーポンが貰える。その他、誕生月にUSリブロース300gのプレゼントがあり、また来店1回につきソフトドリンク1杯が無料となる。

38674365_1606635592782235_4016266090773479424_n

ソフトドリンクは、アパホテルを彷彿とさせるような、ラブリーな社長の写真入りラベルの黒烏龍茶がオススメかも。
また8月31日まで、「太っ腹キャンペーン」でゴールドにランクアップ時に貰える通常1000円分のクーポンが2000円分にアップしている。

いきなり!太っ腹キャンペーン開催! | いきなり!ステーキ
http://ikinaristeak.com/news/futoppara/[リンク]

・マイルのランキング上位者がいろいろとおかしい
マイレージの上位ランキングがサイトで公開されているのだが。

第 5 位 ☆☆☆ mizutani☆☆518287 g
第 4 位 YOSHI 536249 g
第 3 位 DJ TAKA 612408 g
第 2 位 やすし 832914 g
第 1 位 オフロスキw 1265178 g

と、総合ランキング1位の”オフロスキw”さんが「1.26トン」。昨年末に1トン超えを果たし異次元に突入したと話題になっていた。食べた量もおかしいし、これまでに使った金額も多分におかしなことになっているのではなかろうか。

肉マイレージランキング | いきなり!ステーキ
http://ikinaristeak.com/ranking/[リンク]

(※情報は8月7日時点のものです)

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。