体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『はあちゅうのパラドックス』「無神経な人って無神経だから自分が無神経ってことに気づく機会がないんだよな」ツイートに「納得」の声

hachu_paradpx

7月15日に人気セクシー男優・しみけんさんとの事実婚を発表、その後も連日のようにネット上を中心に話題となっている人気ブロガー・はあちゅうさん。

つい先日24日は、爆笑問題のラジオで結婚をイジられたことについてツイートしたところ炎上、謝罪するといった結果に。

参考記事:爆笑問題のラジオをめぐり…… はあちゅうさんがぱいぱいでか美さん・ろくでなし子さんに謝罪
https://getnews.jp/archives/2063985[リンク]

また翌25日には、結婚後しみけんさんに対する事実無根のデマツイートがあったとして法的措置をとることを宣言した。

匿名のアカウントを名誉毀損、プライバシーの侵害で訴えます(はあちゅう公式ブログ)
https://lineblog.me/ha_chu/archives/67299282.html[リンク]

さて、そのはあちゅうさん (@ha_chu)の23日のツイートが現在話題となっている。


無神経な人って無神経だから自分が無神経ってことに気づく機会がないんだよな…。

というもので、先の参考記事でもとりあげたが26日に入って『はてなブックマーク』を中心に注目されているようだ。

はてなブックマーク – はあちゅうさんのツイート: “無神経な人って無神経だから自分が無神経ってことに気づく機会がないんだよな…。”
http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/ha_chu/status/1021213032414760961[リンク]

多くの『はてな』ユーザーの方々がコメントを寄せており、

「説得力がすごい」
「ものすごい納得感.これ以上ない納得感」
「天才だ……本物の天才だ……」
「『才能』としか言いようがない 」
「完璧な芸術作品の完成の瞬間に立ち会ったような感動を覚えるツイート、、、」
「はあちゅう史上最大の名言いただきました 」
「2018年夏、『はあちゅうのパラドックス』が提唱される。現代思想史上最もエポックメイキングな出来事だな」
「この発言単品で見ると炎上するようなことは全く言ってないのにな。この叙述トリック感は並の人間にはなかなか出せないと思う」
「Excelなら循環参照エラーを起こすレベル 」
「ヘレンケラーでも二度見するレベル」
「嘘つきのクレタ人みたいな何か」
「自分の尻尾ひたすら追いかけてる犬思い出した。そのままバターになればいいのに」
「ウロボロスと言うか、犬が自分のしっぽを追いかけてグルグル回ってるの人間版」
「hagex見てるか…これがお前が焦がれた才能だ…。 」
「この人が人気ある理由がはじめて少しだけわかった気がする。余人を以て代えがたいエンターテイメント性がある。」
「これが計算ずくじゃないとしたら物凄い炎上の才能やでぇ」
「四畳半神話大系のタグ追加したやつ誰だよくそw」
「北朝鮮の国営放送みたいな面白さがあるよな」
「今日わりと涼しいな。台風来んのかなぁ。昼にビリヤニはじめて食ったんだがうまかったわ」

と大反響。

「もうブーメランってレベルじゃなく、自分で自分を殴っているようにしか見えない。」
「いままでブーメランって投げる物だと思ってたけど、鈍器として自分の頭を殴る人も居ると知った 」
「これほど小さい円弧を描くブーメランを見たことがない。リリースした瞬間に突き刺さってんじゃんね…。まあ、名人芸ではあるんだろう」
「投げようと振りかぶったブーメランの先が後頭部に突き刺さったが、構わず全力で投げたような勢いがある 」
「こんなに美しいブーメランは見たことないし、民主党にも見習って欲しい」
「はあちゅう、それは炎上商法とブーメランを組み合わせた全く新しいブロガー」
「ブーメランじゃないよ ブーメランは戻ってくるまでタイムラグがあるから…」
「ブーメランというより、もはや切腹である」
「これ以上すごいブーメランが存在しうるのだろうか」
「無神経とは、頭にブーメラン刺さってるのに気付かないこと。」
「このツイートにはブーメランなんて軽い言葉ではなく由緒正しい『天に唾する』を差し上げたい」
「ブーメランすぎてアボリジニに申し訳ない 」

といったコメントも。

わずか40字で、宝石のようなきらめきを放つツイート。我々は、歴史に残る名言の誕生の瞬間に立ち会ったのかもしれない。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy