ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子供達の笑顔をつくる「福岡・アジアサマーフェスティバル」

「その国の未来はその国の若者を見ればわかる」と言われる。子供や若者が輝き、笑顔が絶えない世界を見ることができれば、未来は明るいものになるだろう。

一般社団法人 福岡青年会議所が立ち上げた「アジア太平洋こども会議・イン福岡」は、こどもの時の異文化との直接交流を通じて“OMOIYARIの心を持った地球市民”を育て、“こどもたちの笑顔あふれる平和な世界を実現”することを目的として設立された。

設立30周年を迎える今年、アジア約45ヵ国から250人を超える子供たちとの交流を通じて、多様な文化や価値観を共有し、受け入れる心を育むことを目標に、「2018福岡・アジア サマーフェスティバル」を天神中央公園にて7月15日(日)に開催する。

様々な体験を味わうことができる同イベント最大の注目は、人工降雪機を使って降らせる真夏の雪。雪を見たことのない子供達に雪を体験してもらい、忘れられない思い出を心に刻んでもらう。


また「わくわくワーク体験」コーナーでは、実際にお店の準備~販売を体験できたり、


若手華道家の島津賢一氏と一緒に巨大なフラワーモニュメントを作り上げるイベントなど、盛りだくさん。


「YouTube」に実際に投稿するまでを体験するコーナーでは、子どもたちの笑顔と、未知なる可能性がキラキラ輝くこと間違いなし!


そのほか、スリランカのチキンカリー、バングラディッシュのハイダルカレー、日本の鶏炭火焼、パレスティナのケバブなど、国際色豊かな飲食テントも多数出店。世界各国の料理が楽しめるフードコートでは、食べる楽しみも存分に味わえる。

こどもたちの笑顔があふれる平和な世界を、この夏は家族みんなで体験してみてはいかが?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy