『笑点』で桂歌丸さん追悼! 『歌丸さんありがとう大喜利』に故人への想い込める

access_time create folderエンタメ

2018年7月2日、惜しまれつつ亡くなった落語家の桂歌丸さん。

2018年7月8日放送の『笑点』(日本テレビ)では1968年の放送開始からレギュラー出演し、2006年からは10年間司会をつとめた歌丸さんを偲んで追悼特別番組を放送した。

当放送は歌丸さんの死後初めての収録で、レギュラーメンバーによる座談会と『歌丸さんありがとう大喜利』と題した大喜利という構成。

座談会では

三遊亭圓楽さん「司会になる前にね”いいかい、時代の切り取り、権力批判、汚職事件、そういうのはやっとかなきゃだめだよ。後は楽さんしかいないんだから”と言ってくれた。」

林家木久扇さん「私が手を挙げて答えようとすると」

林屋たい平さん「歌丸師匠はピッチャーとしてもすごいたくさんの変化球を投げられてましたけど、キャッチャーとして入りたての僕の暴投も全部キャッチしてくれるし、つまらない答えでも笑いにしてくれた。」

山田隆夫「僕にも”山田さんって言っていただきまして『ちびっこ大喜利』の時にお世話になって、47年間一生懸命いろんなことを教えていただきました。」

などそれぞれが思い思いの形で故人への想いや感謝を語り、大喜利では「歌丸師匠が喜びそうな答え」で競うという感動的な内容だった。

これまで50年以上の長きにわたって落語、演芸という日本独自のエンターテインメント・カルチャーをお茶の間に伝えてきた『笑点』。

歌丸さんの死は大きな悲しみに違いないが、これを乗り越えて今後も長く続けていただきたいものだ。

なお12日には19時から生放送で追悼特番『ミスター笑点 歌丸追悼特番』(日本テレビ)が放送予定。

過去の秘蔵映像を紐解きながらレギュラーメンバーが歌丸さんを偲ぶ内容になるという。

※画像は『笑点』オフィシャルサイトより
http://www.ntv.co.jp/sho-ten/index.html [リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧