ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Gセイバーを忘れたのか」 『機動戦士ガンダム』シリーズのハリウッド実写化に期待と不安の声

sunrise

『機動戦士ガンダム』シリーズが、ハリウッドで実写映画化されることが分かった。米ロサンゼルスで開催中のイベント『Anime Expo 2018』(7/5~7/8)にて、サンライズと『パシフィック・リム』シリーズや『ジュラシック・ワールド』シリーズなどを手掛けてきたレジェンダリー・ピクチャーズが共同開発を発表した。

Sunrise_Panel_Gundam_Short_2018AX(YouTube)
https://youtu.be/cVQ1dAGByxE

『機動戦士ガンダム』は、1979年に日本でテレビ放送が開始され、来年で40周年を迎える世界的人気アニメーション。今年はレジェンダリー制作の『パシフィック・リム:アップライジング』やスティーブン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』といった大ヒット作品に登場するなど、ハリウッドのクリエイターたちからもアツい支持を得ている。

ネット上では「これは楽しみ!」「サンライズとレジェンダリーなら安心」「パシリムのクオリティでガンダム見られるのか!」「俺はガンダムで行く!」などとウェルカムな声がある一方で、「よせばいいのに…」「不安しかない」「Gセイバーを忘れたのか」と、これまで幾度も裏切られ続けてきた「人気アニメの実写化」報道に拒否反応を示す人も少なくない。

なお、実写映画の詳細については、決まり次第アナウンスされるとのこと。

Sunrise
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。