ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「本田さんごめんなさい」「流石ケイスケホンダ」 セネガル戦で得点した本田圭佑選手への謝罪や賞賛ツイート相次ぐ

honda

6月19日に行われた、サッカーW杯の日本初戦、香川と大迫の得点により日本が2-1でコロンビアに勝利。「大迫ハンパない」というワードが、我が「ガジェット通信ネット流行語大賞2018上半期」の有力候補に躍り出る事態となった。

関連記事:
【W杯】大迫ハンパないV弾で日本がコロンビアに歴史的勝利! そのときデイリーは
https://getnews.jp/archives/2054709[リンク]

その大迫ハンパない弾をアシストしたのは、やはりネット流行語大賞上半期の有力候補である「(プロフェッショナルとは)ケイスケ・ホンダ 」というワードを生み出した本田圭佑選手(@kskgroup2017)。

関連記事:
「出身地はアース」「プロフェッショナルとはケイスケ・ホンダ」 本田圭佑出演のNHK番組が名言だらけで話題に
https://getnews.jp/archives/2044207[リンク]

その本田選手、6月22日に

人の悪いところを粗探しして優越感にひたろうとしている人。
悪口を言い合える仲間を見つけて安心する人。

気持ちは分かるし、僕は味方ですからね。
僕も才能がなく祖父母からも「お前なんかがプロになれるか!」と言われて、コンプレックスだらけだったので。

ありがとう!これからも宜しくです!

とツイートを行った。意図するところがどこにあるのか、いま一つわかりづらいツイートだが当然のように話題となり多くのリツートを集めていた。批判も多く寄せられていたようだ。

そして、現地時間の24日に2戦目となるセネガル戦が行われる。セネガルに先制されるも乾貴士選手のゴールで同点に追いつき、その後セネガルに得点されるも本田選手がゴールを決め追いつく。結果2-2のドローとなり、決勝トーナメント進出に向け前進した。

この結果、『Twitter』上では、「ケイスケホンダ」「本田さん」といったワードがトレンド入り。
「本田さんごめんなさい」
といったような本田選手に対する謝罪のツイートや、
「流石ケイスケホンダやな」
と褒め称えるツイートが相次いでいたようである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき