ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わずか数秒で折りたためる電動三輪スクーター「Mylo」が画期的!

電車やバスなどの公共交通機関で移動し、降りてから最終目的地までの移動手段が確保できなかった、という状況に陥ったことはないだろうか。

歩くには少し距離がありすぎる、かといってタクシーに乗るのもためらわれる−。そんなときに便利そうな移動ツールが間もなくクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場する。折りたたみ式の電動スクーター「Mylo」だ。

・最高スピード時速29キロ

Myloは細い躯体に前に2輪、後ろに1輪がついていて、自転車のような外観だ。しかし、250Wのハブモーターを内蔵し、バッテリーで走るれっきとしたスクーター。最高スピードは時速29キロとなっている。

最大の特徴は、折りたためること。シート部分を上に引き上げるようにするとフレームが曲がり、前輪の間に後輪が入り込むような形になる。開発元によると、折りたたんだり、広げたりするのには数秒しかかからないという。

・電車に持ち込める

Myloはコンパクトにたためるので、電車やバスなどにも運び込め、行動範囲を広げるのに役立ちそうだ。

たとえば、電車で郊外へ行き、その先をMyloで散策するとか、自宅からバスで街中に向かい、バス停で降りてから会社までをMyloで移動するといった活用方法が考えられる。

ちなみにMyloの重さは21キログラム。航続距離は24キロメートルとなっている。

Myloは6月19日にIndiegogoに登場する見込み。市販価格は1499ドル(約16万5000円)を予定しているが、Indiegogoでの早期申込では899ドル(約10万円)〜となるようだ。

Mylo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。