ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台北最大規模の夜市「士林夜市」現地ルポ!おすすめグルメからトイレ事情まで

台北最大規模の夜市・士林市場を調査!人気屋台からおすすめグルメまで
毎年多くの観光客が集い、人気を集めている台北市。台湾旅行で欠かせないものと言ったら…そう、台湾グルメ食べ歩きスポットの「夜市」ですよね。数ある台北市の夜市の中でも、特に人気で最大規模のものが「士林夜市」。そんな台北市の必須観光スポット士林夜市を調査してきました!

現地で食べたいおすすめグルメはこれ!

台北最大規模の夜市・士林市場を調査!人気屋台からおすすめグルメまで
食の台所・士林夜市では食べておきたい必須グルメがたくさん!その中でも特に人気の定番グルメスポットを3つご紹介。

顔と同じサイズ!?ビッグフライドチキン

台北最大規模の夜市・士林市場を調査!人気屋台からおすすめグルメまで
毎夜行列ができているフライドチキンのお店。人気の理由は驚くほどのチキンの大きさ!顔と同じくらいのサイズのチキンに度肝を抜かれること間違いなし。

もち米で作ったホットドック風台湾メシ

台北最大規模の夜市・士林市場を調査!人気屋台からおすすめグルメまで
ソーセージの皮にもち米を詰め込んで焼き、真ん中を切ってソーセージを挟んだ、まるで見た目ホットドックのような台湾メシ!ソーセージと一緒に台湾独特のソースや野菜などを挟んで食べるので、日本とはまた違った新感覚の味を体験できます。

台北最大規模の夜市・士林市場を調査!人気屋台からおすすめグルメまで

地下のフードコートで食べるグルメ

台北最大規模の夜市・士林市場を調査!人気屋台からおすすめグルメまで
士林夜市は道路沿いに出ている路面店が目立つので、意外と地下に食堂があることを知らない人も多いのでは?屋台ではほとんどの場所でイートインスペースが無いため食べ歩きになってしまいますが、地下街は各お店に座って食べる場所があるのでゆっくりビールを飲みながら食事を楽しめますよ。

また、鉄板焼きのお店では目の前で台湾グルメを調理して、熱々の状態で提供してくれるので視覚もお腹も満たされます!

士林夜市は食べ物だけじゃない!ショッピングにも最適!

台北最大規模の夜市・士林市場を調査!人気屋台からおすすめグルメまで
士林夜市はグルメだけではなく、格安の洋服や雑貨・小物などたくさんのものが販売されています。台湾ならではのお土産品を購入してもよし、自分土産に靴や洋服を購入してもよし・・・格安台湾グッツの掘り出し物を探してみてくださいね。

士林夜市の場所・行き方

士林夜市はMRT劍潭駅から基河路をまっすぐ進むと見えてきます。徒歩5分ほど。夕方近くになると、多くの人が夜市に向かって歩いていくので人混みについていくとすぐ士林夜市に辿り着けます!

士林夜市に行く際に必要な持ち物はこれ!

士林夜市は基本食べ歩きのストリート。各お店にティッシュなどの用意はないので、各自で持参して行くのが便利です。持って行った方がいい物は、ゴミを入れるビニール袋・ウェットティッシュ・ハンカチ・買ったものを入れるサブバックなど。人が多いので、動きやすい身軽な格好で行くことをおすすめします。

士林夜市の治安はどう?安全?

台湾は基本的に治安が良い国。観光においてのトラブルは滅多に聞きませんが、そうは言っても異国の地。スリなどの軽犯罪には注意して、財布を丸見えの状態で持つなどはやめましょう。また日本人は金持ちというイメージがあるので、値段交渉の際に高額を言われることも。ぼったくりには気をつけましょう!

士林夜市のトイレ事情

気になる海外のトイレ事情。士林夜市のトイレは、メインの「士林市場」地下のトイレを使用するか、MRT劍潭駅の駅構内のトイレを利用(入場料20元かかります)、近くのマクドナルドなどのファーストフード店にて借りるかの選択になります。人が多く混雑が予想されるので、あらかじめトイレは済ましておくのがおすすめです。

士林夜市は台湾の文化を感じられる人気スポット!

台北最大規模の夜市・士林市場を調査!人気屋台からおすすめグルメまで
日本には無い独特のグルメの数々が格安で食べられる人気のマーケット。発展途上国ならではの熱気と台湾らしい風情が漂う市場で、異国の文化を思う存分感じましょう!

[All Photo by SHIORI]
台北最大規模の夜市「士林夜市」現地ルポ!おすすめグルメからトイレ事情まで

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。