体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【コンビニ新商品】6/1~6/7に発売された新商品は?


アイスの季節がやってきた!と言いたくなるほど、アイスの新商品が目立った今週。ほかにはゴクゴク飲める夏向けのドリンクや、希少価値の高い白あずきを使ったプリンなどが登場。日本人のソウルフードであるお好み焼のポテトチップスでおやつ対策も万全だ。それでは今週も新商品の中から選りすぐりをチェックしてみよう。


森永乳業「蜜と雪 抹茶」「同 いちご」「同 レアチーズ」各160円(税抜)
舌ざわりのよいなめらなか微細氷に、とろりとしたコクのある濃密ソースを上掛けした新感覚の氷菓。ソースは自家製で、香り立ちがよくやわらかな食感に仕上がっている。「かき氷」と「アイス」、異なる2つの味わいが口の中でとけあい絡み合うことで、今までにない食感と味わいが楽しめる。6月4日(月)発売。


協同乳業「北海道白あずきプリン」128円(税抜)
こだわりの北海道十勝産白あずき“きたほたる”を使用。白あずきは平安時代に登場した日本の伝統素材で、和菓子業界でも珍重されるほど。寒さや水に弱いため栽培が難しく、生産者もごくわずかではあるが、その白あずきを残していきたいという想いから商品化に至った。クリームのようななめらなか食感で、子どもから大人まで楽しめる。6月4日(月)から期間限定で発売。


ロッテ「SWEETS SQUARE マンゴープリンのとろ~りアイスバー」160円(税抜)
とろ~り食感のマンゴープリンアイスの中に、とろっとした食感のマンゴーソースを入れ、マンゴープリン風味のコーチングで包み込んだ3層仕立てのマンゴープリンアイスバー。風味がよく、マンゴーの王様と称されるアルフォンソマンゴーを使用するなど、原料にこだわっている。6月4日(月)発売。


ロッテ「『カルピスウォーター』ボトルアイス」120円(税抜)
スッキリさわやかな「カルピスウォーター」の味わいが楽しめるワンハンドのボトルアイス。カルピスと氷をバランスよく合わせ、シャリっとした食感で気分をリフレッシュしたいときにおすすめ。6月4日(月)発売。


湖池屋「ポテトチップス 濃厚お好み焼ソース」オープン価格
日本人のソウルフードともいえるお好み焼ソースの味わいを、日本産じゃがいも100%にこだわって作ったポテトチップス。魚介のうまみとコクがきいたあまくち濃厚ソース味で、あおさとソースの香りが際立つ、食欲をそそる一品に仕上がっている。6月4日(月)発売。

日本コカ・コーラ「い・ろ・は・す ライチティー」PET555ml・130円(税抜)
「い・ろ・は・す」より、厳選された日本の天然水にライチエキスと烏龍茶を加えた新商品が登場。ライチと烏龍茶のバランスの取れた華やかな味わいと香りが楽しめる。さらに、厳選された日本の天然水を使用し、すっきりとした後味に仕上がっている。今までにない味わいを、透明なフルーツフレーバーウォーターとしてカフェインゼロで楽しめる。6月4日(月)発売。


サントリー「サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」500ml
スノーピークとの共同開発商品第2弾。炭酸の刺激による爽快感に加えて、“嗜好性”という新しい価値を持つドリンク。高知県産のジンジャーを丁寧に煮込むことで辛味をマイルドにし、コクを引き出している。また、有機果汁も独自にブレンドすることで、「無糖なのに飲みごたえのある味わい」に仕上がっている。6月5日(火)発売。


赤城乳業「不二家ミルキーアイスバー」130円(税抜)
2012年にも発売された本品、今回はより「ミルキー」の風味に近づける改良を行っている。アイスの原料にはミルキーと同じ練乳を使用。また北海道産生クリームを配合し、コクを出している。さらにアイスの製造工程であるフリージングの工夫をすることによってミルキーのなめらかで口どけの良い食感を再現した。6月5日(火)発売。


サントリー「塩のはちみつレモン」PET490ml・140円(税抜)
夏場の塩分・水分補給飲料として毎年好評のドリンクが2018年も登場。濃厚さがありながらもゴクゴク飲める、おなじみのはちみつレモンの優しい味わいを、そのままでも、冷凍してもおいしく楽しむことができる。6月5日(火)発売。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。