体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

販売で大切なのはモノに宿る「ストーリー」を語ること――アメリカンクラフトビール会社代表・大平朱美さんが実践した営業スタンス

販売で大切なのはモノに宿る「ストーリー」を語ること――アメリカンクラフトビール会社代表・大平朱美さんが実践した営業スタンス

営業や接客、販売に携わる中で、思うように売り上げることができず、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

まだ「クラフトビール(※)」という言葉さえ一般的でなかった10年以上前からアメリカンクラフトビールの輸入販売を開始し、着実に売り上げを伸ばしている株式会社ナガノトレーディング代表取締役の大平朱美さんに、商品や業界に対する想いをベースにした営業スタンスをうかがいました。

※クラフトビール…(1)小規模(年間生産量が決まっている)であること(2)醸造所が独立していること(3)醸造所の販売のメインが伝統的ないし革新的な醸造原料や発酵技法のビールであることの3つの条件を満たしているビール。(BREWERS ASSOCIACIONより)


プロフィール

大平朱美(おおひら あけみ)

岡山県出身。大学卒業後アパレル会社に女性初の総合職として入社。企画営業職として活躍するも、興味のあった貿易業への思いを捨てきれず、アイルランド食材輸入卸売会社へ転職。アイリッシュ食材・酒類の輸入、卸、小売りおよびパブ運営に関わる。ニューヨークの食材輸入販売を行うアメリカ人の夫のバルマス氏と出会い、営業活動を手伝うことに。現在は株式会社ナガノトレーディング代表取締役としてアメリカンクラフトビールおよびビール器具の輸入販売を行うかたわら、クラフトビールおよびアメリカのカルチャーを紹介するショールームショップ「アンテナアメリカ」を3店舗展開、経営している。

多種多様な背景が魅力! アメリカ“風”ではない、本場のおいしさ・フードカルチャーを届けたい

―大平さんがアメリカンクラフトビールを扱うようになったきっかけを教えてください。

フーデックス(アジア最大級の食品・飲料専門展示会)に出店していたアメリカ人の夫と出会ったのがきっかけです。彼は「アメリカの本当においしいもの、“本物の味”を日本に届けたい」と、出身地のニューヨークワイン、バーベキューソース、そしてクラフトビールを扱うNAGANO TRADINGという会社を起こしていました。

フーデックスには一般客として行ったのですが、当時私はアイルランドの酒類や食材を輸入卸売し、アイリッシュパブを経営する会社に勤めていたので、国は違うけれども夫の未来予想図に一番近いことをやっていたのです。その私の目から見たら、夫は日本への輸入ノウハウも販路も全然なく、ノープラン同然で大量の在庫を抱えている。「このままじゃこの人破産する、ほっとけない!」と見かねて(笑)手助けし始めたのが、すべての始まりです。

―面倒見がいい!(笑) 輸入を始められた10数年前はクラフトビールという言葉さえ一般的ではなかったように思います。そんな中で販売していくのは相当なご苦労があったのではないですか?

私たちがクラフトビールの取り扱いを始めたのは2004年なので、今から14年前ですね。輸入している業者も少なかったですし、卸先となる会社がほとんどありませんでした。「アメリカのビールなんですけど」と商品を持って営業に行っても「うちは〇イネケン(オランダ産)があるからいいよ」「うちはコ〇ナ(メキシコ産)入れているから」と門前払いで。どちらもアメリカのビールではないのですが(笑)。

アメリカは誰もが知っている国なのに、商品のことはほとんど知られていない。取り上げられている雑誌を持って行ったり、Webサイトを見せたりしながら「こういうビールがあって、こういう商品が面白いですよ」と営業しながら地道に紹介していくところからのスタートでした。

―「相手が知らない商品を売る」って途方もない話ですね。クラフトビールの輸入自体を諦めなかったのはなぜですか?

買ってくださったお客さまに対する責任です。クラフトビールの良さを謳って一度紹介したのに途中で止めるわけにはいきません。

「クラフトビールのことはナガノトレーディングに聞いたらなんでも答えてくれる」、お客さまにそう思ってもらえることが私たちの冠だと思っています。「次はどんな商品が出るの?」「アメリカで流行っているビールは何?」と聞いていただけるようになっていき、今では毎月1回の無料セミナー(得意先の業界関係者向け)も始めました。

毎回違うテーマですが、ここでは、クラフトビールについてはもちろん、クラフトビールを注ぐときに使う器具の洗浄方法までお伝えしています。商品を売って「はい、オシマイ」ではだめだと思っています。

弊社の商品を扱っていただいているからこそ得られる知識や情報を共有し、その上で弊社がお勧めする商品の後ろにあるもの、“背景”までちゃんと知ってこそ良さが伝わると思ってここまでやってきました。卸先なら、そこからさらにお客さまにお勧めすることができる。営業にとって“話題の引き出し”になるのです。

人もビールも「ストーリー(背景)」があってこそ! 大事にしている営業スタンスとは?

―大平さんにとって、「醸造所のオーナー」は、仕入れ先の営業相手ということになると思うのですが、必ずお会いになるのですか?

はい、必ず会って話します。相手のことを知ると同時にこちらの方針もわかってもらえるかどうか見極めないといけませんから。

どんな人がどんな環境で作っているのか、クラフトビールにとっては、背景やストーリーが重要です。「こんなユニークな人が作っているのならば次の作品も飲んでみよう」と思わせてくれる相手と仕事がしたい。オーナーは学べるものがあると感じられる相手ですね。

―「商品のストーリーひっくるめ、惚れてこそ取り扱う価値がある」ということですね。初めて醸造所のオーナーと会う時にはどんな話をされますか?

まずは、徹底して相手の話を聞きます。

「どうしてこういうビアスタイルを作るの?」「ここで一番売れているビールはどれ?」と、質問しながらビールに受け継がれている背景を聞きます。その中で何を最優先にビールを作っているのか探り、その優先順位に沿って話をします。

知識を語るのが好きなオーナーだったら「うちのお客さまは、こんなスタイルが好きなのでこちらの商品にはきっと大喜びですよ」という話から入ります。

クオリティー重視であれば「わが社は、冷蔵輸送を国内最初に始めた会社で温度管理は徹底していますよ」という話から始めて、品質にこだわったブランド名を挙げるようにします。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。