体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デッドプールが苦節10年をプレイバック →『グリーン・ランタン』は「完全にムダ」と盛大にdisる

deadpool_cap

劇場版『名探偵コナン』のV8を阻止し、国内観客動員ランキングで初登場1位を獲得した映画『デッドプール2』(6/1公開)。この大ヒットスタートを記念し、デッドプール映画化までの軌跡を本人が振り返る特別映像が到着した。これは涙なしに見られないヤツ……!?

映画『デッドプール2』俺ちゃん苦節10年を振り返る特別動画(YouTube)
https://youtu.be/X_uQKGuidws

2008年にライアン・レイノルズが映画化を希望し、翌年には『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でデップーがスクリーンデビュー。本人が「望んだ形じゃなかった」というウェポンXI(通称ヌルハゲ)にファンも閉口したのがつい最近のことのようだ。

2011年にはレイノルズが『グリーン・ランタン』に出演。評価・興収ともにイマイチで、デップーも「完全にムダだった」とバッサリ。その後しばらく映画化には否定的な態度をとっていたFOXだったが、2015年に運命を変えるテストフッテージの流出騒動が勃発。熱狂するファンの声を無視できなくなった結果、ついに映画化のGOサインが出された。

そして2016年に『デッドプール』が公開され、ソッコーで2作目の制作が決定。「新作はそれなりの俳優、ほどほどな予算、無名な方のX-MEN数名」とデップーらしい毒舌を交えながらも、その理由は「次のフェーズに向けて予算を抑えた」とお茶目にピースサイン。シリーズの発展に期待して良いのか、それとも単にMCUのパロディなのか……。俺ちゃんらしさ全開の映像となっている。

【関連記事】“最もセクシーな男”と東京観光に行ってきた! ライアン・レイノルズ「デッドプールがガーディアンズに参加すると……」
https://getnews.jp/archives/2049288

(C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。