ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岡本太郎のまなざしを追体験する『岡本太郎の写真』展に200点超

1805301
岡本太郎『コザの街/沖縄』1959年 ゼラチンシルバープリント、川崎市岡本太郎美術館蔵

展覧会『岡本太郎の写真──採集と思考のはざまに』が、神奈川・川崎市岡本太郎美術館 企画展示室にて開催中。会期は、7月1日(日)まで。

フランス・パリ大学留学時に画家だけでなく、写真家とも交流し、ブラッサイやマン・レイから手ほどきを受けた岡本太郎。戦後、本格的に写真を撮り始め、自身が寄稿した文章の挿図に写真を用いた。

本展では、岡本が撮影した写真約200点をはじめ、油彩約10点、彫刻約10点を紹介。岡本がフィルムに写しとったモチーフ、採集したイメージを軸に、岡本太郎の眼が見つめ捉えたものを検証することで、絵画や彫刻にも通底する彼の思考を探る。カメラのレンズが眼そのものとなったような、岡本太郎の眼差しを追体験したい。

『岡本太郎の写真──採集と思考のはざまに』
2018年4月28日(土)~7月1日(日)
会場:神奈川県 川崎市岡本太郎美術館 企画展示室
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(4月30日は開館)、5月1日
料金:一般800円 高・大学生・65歳以上600円
※中学生以下無料

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。