体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[独占動画インタビュー]中川大志×花村想太×小野賢章 MARVEL男子たちの意外な一面とは?

11

マーベルヒーローが大好きだという中川大志さん、花村想太さん(Da-iCE)、小野賢章さんの3人が「MARVEL(マーベル)男子会」を4月26日に実施! 熱くマーベル愛を語りました。この記事だけのイベント動画、さらに、ガジェット通信独占インタビュー動画もあります!

4月27日より『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が劇場公開中、そして7月4日には、今年3月に日本でも公開されたマーベル・スタジオ史上最高傑作と言われる『ブラックパンサー』がMovieNEX(Blue-ray&DVD)で登場、6月6日には一足先にデジタル配信もスタート。

※すべての画像・動画が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください。
https://getnews.jp/archives/2048610

「MARVEL男子会」の会場となったIDC OTSUKA新宿ショールームに訪れた3人は、マーベルの家具や雑貨に大はしゃぎ。「カッコイイ……!」(中川さん)、「こんな部屋にしたい。そもそもマーベルのロゴってカッコイイですよね」(小野さん)、「マーベルのボックスロゴのTシャツとか絶対持ってますよね」(花村さん)など、早速マーベル話で会話が止まりません!

そして、この日はマーベルデザインのアイテムをファッションに取り入れた、マーベルコーデで登場した3人。中川さんが『ブラックパンサー』のWAKANDA Tシャツ、小野さんがロングスリーブTシャツを着こなし、花村さんは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のオールスターTシャツをデニムジャケットのインナーに。

14

小野さんが、「普通にオシャレに着られて、好きな人はわかる、というデザイン。もしかして、マーベル好き?みたいな話もできちゃうから、きっかけにもなるかな」と言うと、花村さんも「分かる人にはわかるけど、普段使いもできるから、めっちゃかわいい」と同意。中川さんも「すごくかわいくてお気に入りです」と笑顔を見せました。

好きなヒーローや作品の話題になると、中川さんは「僕が好きなのはアントマンです」と即答。元々特殊能力があるわけではない主人公がスーツを着て戦えるようになるところや、アリと一緒に協力する発想に驚いたのだとか。

小野さんは「スパイダーマン」が大好きで、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でアベンジャーズメンバーにスパイダーマンが加わった時に、「なんてこった!」と思ったそう(笑)。中川さんも「しかも、そのスパイダーマンがめちゃくちゃミーハーなんですよね。自分がアベンジャーズに入ってるぜ!って興奮がお客さん目線と同じで(笑)」と盛り上がります。

また、花村さんは昨年公開された『マイティ・ソー バトルロイヤル』について、「僕の中でソーの作品って王道のヒーロー作品というか、けっこうシリアスな感じが多いイメージなんですけど、今回はすごくコミカルかつカッコイイって感覚に近くて。リベンジャーズが出てきたり、ソーとハルクの再会の瞬間とかも今までで一番喋っているハルクが見られるので、そういうところもオススメポイント」と語ると、小野さんも「たしかに(笑)。これ観た時に、『ハルクってこんなに喋るんだ』って思った」と話が尽きない様子。

『アイアンマン』を観まくっている花村さんに「それは勝てない(笑)」

15

――マーベルとの出会いは?

小野:僕は、ずっと気になってはいたんです。ただ、もういろいろな続編とかアベンジャーズシリーズも始まっていたので、なかなか入るきっかけがなかったんですね。でも、当時仕事を一緒にしていたスタッフさんでマーベル好きの方がいて、「俺は今出ているBlue-ray全部持っているから、貸してあげるよ」と言われて貸してもらって、それがきっかけで一気に集中して観たのを覚えています。その方から毎年誕生日プレゼントは大きなすごくリアルなマーベルヒーローのフィギュアを貰うので、今コレクションが増えています。

花村:僕は『アイアンマン』が始まりなんですけど、『アイアンマン』『ハルク』『アイアンマン2』を観て、『アベンジャーズ』に行きました。やっぱり、マーベル作品の魅力は正義と悪、両方に共感できるところ。自分なりの正義があるっていうところにずごく共感して、『シビル・ウォー』なんかでも、キャプテン・アメリカの正義があれば、アイアンマンの正義があったり。登場人物みんなに共感ができるというのは、なかなかアクション映画としてはないな、というのが一番ハマっているきっかけです。

中川:僕も最初に『アイアンマン』を観たのがきっかけで、そこから『アベンジャーズ』を父と一緒に観に行きまして、当時「日本よ、これが映画だ!」というキャッチコピーでよくCMが流れていたんですけど、本当に衝撃的で。もう男の子にとって夢じゃないですか、いろんなヒーローたちが一同に会して一緒に戦うって。ヒーロー物を観ていて、「あのヒーローとあのヒーローが一緒に戦ったらどうなるんだろうな?」ってことは誰でも考えると思うんですよ。それが映画の中で実現していて、本当に興奮して、また一からそれぞれのヒーローの映画をおさらいしていきました。

花村:僕は『アイアンマン』に関しては、たぶん30回くらい観てますからね(笑)。

小野:それはもう勝てない(笑)。でも、どんどん敵が強くなっていくのも面白いですよね。だから『アベンジャーズ』を観た後に『アイアンマン』を見返すと、もうちょっと強い敵出てこないかな?と思ったりする。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。