ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミッツ・マングローブと音楽ライターが語る、カイリー・ミノーグの低迷期

ミッツ・マングローブと音楽ライターが語る、カイリー・ミノーグの低迷期
J-WAVEで放送中の番組『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』(ナビゲーター:グローバー)。5月26日(土)のオンエアでは、ミッツ・マングローブさん、音楽ライター・新谷洋子さんをゲストにお迎えし、カイリー・ミノーグの魅力を語りました。

■ふたりがカイリーにハマったきっかけ

1968年5月28日、オーストラリア・メルボルン生まれのカイリー・ミノーグ。子役として活動し、1987年に『The Loco-motion(邦題:ロコモーション)』が本国で大ヒット。世界デビュー曲となる『I Should Be So Lucky(邦題:ラッキーラブ)』が世界中で大ヒット。ユーロビートブームの中、彼女はトップスターとして走り続けます。90年代に低迷期を迎えるものの、最新のダンスミュージックを取り入れ、2000年代に再び脚光を浴びます。2005年に乳がんが発覚しましたが、闘病生活から復活。2011年3月11日に東日本大震災の影響でさまざまな来日公演が中止になる中、カイリーは予定通りライブを開催してくれました。

「世代的にドンピシャ。初めて買ったレコードがカイリー」というミッツさん。おふたりがカイリーを知ったきっかけを話してくれました。

ミッツ:1987年の『ロコモーション』でカイリーがデビューしたとき、ちょうどイギリスに住んでたんです。PWLっていうプロデューサーチームの筆頭大スターだった。思春期にそういうアイドル歌謡にどハマリ。
新谷:私は、カイリーとほぼ同世代なんです。実は暗い音楽ばかり聴いてたので、最初は全然ハマらなかったんです。その後、INXSのマイケル・ハッチェンスとカイリーが付き合いはじめて、INXSが好きだったので、そのあとからすごく気になる存在になりました。

■マイケル・ハッチェンスの存在

話題は、カイリーに大きな影響を与えたかつての恋人・マイケルに移ります。

ミッツ:マイケル・ハッチェンスってすごい男なんですよ。
グローバー:INXSのフロントマンですよね。亡くなってしまったけど。
新谷:80年代のロックゴッドのひとりですね。
ミッツ:火野正平みたいなもんです。そういう色男で、音楽と別の部分でシンボル的な男なんですね。
グローバー:それと付き合ったということで、新谷さんは興味が出てきたんですね。
新谷:マイケルと会ってから、自分で書いたり、音楽性も変わっていったじゃないですか。
ミッツ:いい男なのよ、マイケル・ハッチェンスは。そこにカイリーが突っ込んでいったわけですよ。ちょっと売れなくなっている時代。若干、バブルが陰りを見せている頃です。「さぁカイリー、次どうすんだ?」と思ったら、マイケル・ハッチェンスにいった。しかも、マイケルも受け入れちゃうんだと。それでどんどん暗くなっちゃって(笑)。
グローバー:マイケル・ハッチェンスの持っているちょっとダウナーなところに影響を受けるんですね。
新谷:自分にないところに惹かれたのがすごくわかります。

■カイリーがアイドルから脱却!

カイリーの「アイドルからの脱却」を語る中で、新谷さんが「アイドルから抜けたかった気持ちがめちゃめちゃ伝わってきます」と挙げたのが、1994年のアルバム『Kylie Minogue』です。

新谷:制作陣もガラッと変わりましたし、自分でガッツリ書いています。これは90年代頭なので、アシッドハウスを受けて作ったアルバムです。このあとに『Impossible Princess』というのがあるんですけど、それはビッグビートとかブリットポップとか、その辺の90年代のイギリスで起こっていたことを受けて作っているので、トレンドを彼女なりに処理して90年代は生きているんです。

続いて、ビジュアル面での彼女の変化に寄与した人物について、新谷さんが解説しました。

新谷:ウィリアム・ベイカーさんというアートディレクターがキーパーソンですよね。カイリーが「ゲイ・ハズバンド」と呼んでいて、『Impossible Princess』でコケたあとぐらいに会いました。そのあと、彼がビジュアルのディレクションをやってるんです。その出会いが大きいですよね。
ミッツ:ウィリアムが「カイリー、腹をくくれ。一生食っていけるから」と言ってくれたんですよ。

ミッツさんは、「その大転機になった感動的シーンがあったんですよ。カイリーが2000年代に突入する頃」と含みを持たせつつ、とっておきの話を次週(6月2日土曜)に持ち越しました。90年代の低迷期から、遂に2000年代に大復活を遂げるカイリー・ミノーグ。お話はさらに続きます。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』
放送日時:土曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。