ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【CA入稿】プロカメラマン直伝! 「ことりカフェ」で学ぶ、インスタ映えテクニック4つのポイント

【CA入稿】プロカメラマン直伝! 「ことりカフェ」で学ぶ、インスタ映えテクニック4つのポイント

2017年の流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」は、今年も勢いが止まりません。その一方、改めて撮影の基本を聞かれると、思わず首をかしげてしまう方も多いはず。そこで今回はすぐに実践できる撮影と加工のテクニックを、プロカメラマンさんに教えていただきました。

舞台は「instagram」上でも大人気の「ことりカフェ 吉祥寺店」。ことりたちと特製メニューをモチーフに、プロ直伝の基本テクニックを学んでいきましょう。

 

ことりの可愛さが詰まった「ことりカフェ 吉祥寺店」(店舗紹介)

「ことりカフェ 吉祥寺店」はことりたちとひとときを過ごせるカフェです。自由気ままに暮らしているインコや文鳥を眺め、ときにはふれあいながら、オリジナルフードやスイーツを楽しむことができます。

 

Ⅰ 今日から実践! インスタ映え三原則-撮影テクニック編

レクチャーしてくださるのはプロカメラマンの小野奈那子さん。最近では仕事でもインスタ映えを意識した撮影をすることも多いのだとか。そんな小野さんから最初に教えていただいたのは、インスタ映え三大原則『光源・レンズ・構図』です。こちらはインスタのみならず、普段の写真撮影でも活用できるテクニック。ぜひマスターしてみましょう。

 

1.光源について

被写体を照らす光を光源と呼びます。この光源の位置でモチーフの写り方は全く違ったものになります。おすすめしたいのはサイド光です。

まず、こちらが順光(正面から光が当たっている状態)の写真。被写体が平面的に見えてしまいぼんやりした印象に……。

 

そしてこちらがサイド光の写真。横から光が差し込むことでモチーフの陰影が強調され、立体感が際立ちます。

さらに店内の撮影で注意すべきポイントとして、できるだけシンプルな光源を用いることが挙げられます。光源の種類には大きく分けて2種類、自然光と蛍光灯があり、これらが混在している場所での撮影は高度なものになってしまいます。

この日の撮影にベストな場所を探した結果、当日は大きな窓から自然光が差し込む席で行うことになりました。

 

2.レンズについて

実は多くのスマートフォンのレンズは、標準状態で撮影すると広角(広い範囲を撮影する状態)で映ってしまいます。そのため近くに映ったものが歪んでしまうのです。

こちらが広角で撮影した写真。よりコップのフチが強調されているのがわかります。

こうしたことを防ぐためにも、少しだけズームし撮影してみてください。すると望遠レンズに切り替わるので、形の歪みを防ぐことができます。

 

こちらが望遠で撮影した写真です。少しだけズームし被写体から離れて撮影することで、より目に写った通りの写真を撮ることができます。

 

3.構図について

構図に正解はありませんが、インスタグラムで一覧表示したときに、画面が単一化しないようにさまざまな構図で撮影することを心がけてみましょう。ひとつのモチーフでも極端に接写してみる、あえて引いてみるなど色々な試みをしてみるのがポイントになります。

こちらが引きの写真。

 

極端に寄った俯瞰の絵もユニークです。

ちなみにグリッドの表示設定を行うことで、ガイド線によって画面を9分割し表示することができます。対象物の水平や平行などが一目瞭然となり、全体の構図がより掴みやすくなるため、理想の写真に近づきやすくなります。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。