体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピンクのじゅうたん&富士山が絶景すぎる!富士芝桜まつりへ

ピンクのじゅうたん&富士山が絶景すぎる!富士芝桜まつりへ

日本全国を旅しながら星景写真を撮影している、宮坂雅博と小松由利江です。
今回は、山梨県河口湖町で毎年4月中旬から5月下旬に開催される「富士芝桜まつり」を訪問。
芝桜と一緒に、雄大な富士山を、一眼レフ24~70mmのズームレンズで撮影しました。今回はその様子を、撮影テクニックとともにご紹介します。

JR新宿駅からJR中央線特急に乗車して約1時間、JR大月駅で富士急行線に乗り換えて約60分で河口湖駅へ。
富士芝桜まつりの開催期間限定で運行されるバス「芝桜ライナー」に乗り、約30分で会場へ到着です。

会場の富士本栖湖リゾートは富士山まで約15㎞。首都圏最大規模の約80万株の芝桜が植えられ、5月の見頃の時期になると、一面の芝桜と富士山の競演が楽しめると大人気です。

一周60分~90分と広い会場。どこから回るべきか悩みますが、まずは会場北側の展望広場を目指します。

【テクニック① 全景はワイド&風景モードで。構図もひと工夫を】

地上3.8mの展望広場は、雄大な富士山とピンクや白の芝桜で彩られた美しい会場を一望できるスポット。カメラの設定はワイド(広角)で風景モードを選択すると、美しく撮影できます。
富士芝桜まつり 展望広場からの眺め

展望広場からの眺め 見頃まではもう少し

次は、手前にあるミニ芝桜富士に移動します。山頂を白い芝桜、山肌をピンクの芝桜で彩られたミニ富士山。背後の本物と左右に並べて配置するなど、構図を工夫しながら撮影してみましょう。
富士芝桜まつり ミニ芝桜富士

ミニ芝桜富士

次に会場南側の竜神池のほうへ歩いていくと、途中で白い芝桜で表現された逆さ富士を見つけました。
河口湖に映る逆さ富士をイメージしながら、カメラの構図を決めて、撮影を楽しみます。
富士芝桜まつり 芝桜の逆さ富士

芝桜の逆さ富士

竜神池では、一面に広がる芝桜のじゅうたんと背後の富士山を構図に収めて撮影します。
富士芝桜まつりにおける定番構図で、絶対外せませんね!!
富士芝桜まつり 富士山と竜神池の芝桜

富士山と竜神池の芝桜

【テクニック② 芝桜を主役にした個性派写真は望遠モードで】

定番の構図を撮影したあとは、富士山をあえて入れず、カラフルな芝桜をモチーフに、独自の写真作品に挑戦してみましょう。

カメラ設定をズーム(望遠)寄りにして、景観の一部を切り取ります、今回は濃いピンクと淡いピンクとの境界線に注目して構図を決めました。
富士芝桜まつり 紅白ガーデン

紅白ガーデン

次は、濃いピンク色の芝桜を手前に配置して主役に。
背後が暗くなる場所を探して撮影することで、黒い背景が美しいピンク色を引き立たせます。
富士芝桜まつり ピンクの芝桜と桜の木

ピンクのじゅうたんと桜

【テクニック③「広角マクロ」で臨場感のある写真に!

少し高度なテクニックですが、被写体に近づきつつも景観を生かした「広角マクロ」でも撮影してみましょう。

やわらかなピンク色が美しい品種「オータムローズ」の群生にカメラをなるべく近付け、ワイド(広角)設定にして背景に富士山を入れて撮影します。
花びらがくっきり写り、臨場感も出せます!
富士芝桜まつり オータムローズと富士山

オータムローズと富士

次は白地にピンクのラインがきれいな品種「多摩の流れ」の背後に、とがった白いテントと新緑の山を入れて撮影します。

少し難しいカメラ設定ですが、絞りを開けたり絞ったりしながら、背後のボケ具合を調整してください。
富士芝桜まつり 多摩の流れ

芝桜“多摩の流れ”

名物「吉田のうどん」「甲州鳥もつ煮」と芝桜デザートを味わう

撮影に夢中になっているとお昼も間近になったので、会場の東側へ移動。同時開催している「富士山うまいものフェスタ」で富士山周辺の名物料理を味わいます。

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。