ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

めざすは宇宙空間における野菜収穫!ドイツの研究チームが南極でハイテク温室栽培を検証中

天候に左右されずに、農産物を作る。それは、多くの科学者が長年研究している課題であり、人類の夢でもある。

ドイツでは、航空宇宙センターチーム監修の下、ハイテク温室による野菜育成を検証中。日光や土壌に頼ることなく、苗を育てられるか実験しているところだ。

・コンテナ型温室で野菜作り

実験が行われたのは、南極のEDEN ISS研究所内。温室はコンテナ型で、光の人工照射や自動空気循環など、農業に必要な機能を備えている。ここに、専用の成長キャビネットを設置。手始めに、比較的育てやすいキュウリ、トマト、ピーマンの苗を植えた。

現地の環境は厳しく、常に強風が吹き荒れる状況。気温は、マイナス5度から10度をいったりきたり。普通なら、農作物どころか、葉っぱ1枚育てることもできない。しかし、チームはこの環境をプラスに捉えている。システムの最終目標は、宇宙空間での作物収穫。火星と酷似したこの状況こそ、絶好のチャンスと見ている。

・干ばつ地域での活用も可能

報告によると、どうやら最初の作物育成には成功したらしい。キュウリとトマト、ピーマンは無事収穫され、越冬隊員の食料として供給される予定だ。チームはその後、イチゴ、レタス、大根、バジル、パセリ、レモンバーム、ミントの苗も植え、実験を継続。システムの課題を見出していくという。

すべての問題がクリアすれば、宇宙空間での野菜収穫が可能となる。そうなれば、干ばつ地域での活用も、十分考えられるだろう。まずは、地球上から飢餓に苦しむ国がなくなることを祈りたい。

souce by DLR News

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。