ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

多いときには月に50冊くらい本を読む——アノヒトの読書遍歴:広瀬彩海さん(前編)

多いときには月に50冊くらい本を読む——アノヒトの読書遍歴:広瀬彩海さん(前編)

ハロー!プロジェクトの5人組アイドルグループ「こぶしファクトリー」のリーダー広瀬彩海さん。2011年、12歳のときにNICE GIRL プロジェクト!研修生としてアイドル活動をはじめました。2015年1月、現在所属している「こぶしファクトリー」の結成が発表されメンバーに加わり、同年3月にリーダーに就任。現在は音楽ライブやイベントなどを中心に活動を展開し、今年3月にはニューシングル『これからだ!/明日テンキになあれ』をリリースしました。そんな広瀬さんは普段から多く本を読むといい、今回は広瀬さんの日頃の読書生活についてお話を伺いました。

——広瀬さんは普段、どれくらい本を読むのでしょうか?
「私は、電車の中などの移動中だったり、お仕事現場とかには絶対に本を持って行かないって決めているんです。でないと本を読んでばっかりいて他のことができなくなっちゃうので、おうちで読むって決めているんです。その中で、忙しいときは月に10冊読むか読まないかというときもあれば、バーッて一気に一日に何十冊も読んだりして、40〜50冊読むときもあります。読むスピードは小説だと早くて一冊1時間弱ぐらいで読めちゃいます」

——そもそもですが、本はいつ頃から読むようになったのでしょうか?
「物心つく前…2歳くらいだったと思うんですが、お母さんが毎日毎晩私の好きな絵本を読み聞かせてくれて。その頃は絵本を買ってもらうことがすごい好きでしたね。本屋さんとかに行くと『この本買ってこの本買って』ってお母さんにおねだりしていました。毎日お気に入りの本をお母さんに持って行って夜寝る前に読み聞かせしてもらうことがその当時の習慣だったんです。なかでも印象に残っているのは『小公女』。この絵本の中に出てくる、パン屋さんの娘さんが持っているパンがすごい美味しそうだったのをよく覚えています(笑)」

——かなり小さいときから本好きだったんですね。
「はい。本当に本が大好きだったので、3歳ぐらいのときには平仮名とカタカナが全部読み書きできるようになって。幼稚園のお友達とかはまだ文字を読めない子とかも結構いたので、そういう子たちに本を読み聞かせしてあげたりすることもすごい好きでした。小学校に上がると、絵本だけでなく漫画も。特に『進撃の巨人』が好きで。こういうちょっとハラハラするような感じのストーリーはすごい好きなんです。あと私はすごい『ちゃおっこ』だったので、毎月『ちゃお』を買ってたんですが、『めちゃモテ委員長』という漫画があるんですが、これがアニメになって、主人公の声優をやっていたのが、同じ事務所の先輩だったんですね。それですごいその人に憧れてアイドルに進んだんです」

——そんなエピソードがあったんですね! 最近だとどんな本を読むんですか?
「中学校1年生ぐらいのときに湊かなえさんの本を読むようになって。最初は湊かなえさんの言葉の選び方とか文章の作り方とかがすごい好きで読み始めたんですけど、そこからミステリーがすごい好きになって、今やすごいミステリー小説ばっかり読んでいます」

——ミステリー小説で何かおすすめの本はありますか?
「麻耶雄崇さんの『螢』という結構重ためのミステリー小説ですね。私自身ミステリー小説が一番大好きで、その中でも、女性作家さんがよく書かれるようなちょっと読後感のある『イヤミス』というジャンルと、クローズドサークルものがすごく好きで、この本はクローズドサークルものになります。オカルトスポット好きが集まるサークルに入っている6人が、殺人現場になった屋敷にお泊りして、この6人プラス何人かで肝試しをするというところから始まるんですが、そこで殺人事件が行われてしまって。そこに雨が降って道がふさがれてしまって、陸の孤島じゃないですけど封鎖されてしまうんです。6人はまぁやっぱりオカルトスポットが大好きなので、それぞれ推測して推理を立てて、みんなで話し合って、誰が犯人なのかっていうのをどんどん解明していくっていうお話です」

——どんなところがお好きなんでしょうか?
「この作品には伏線が結構丁寧に張られていて、『あ、こういうことなのかな』『あぁいうことなのかな』っていう予測とかも立てながら、読み進めてはいくんですけど、やっぱりどんでん返しで『騙された』っていう風に自分も思ったりとかできるのがすごく面白いです。実はこのお話の半年前に仲間内の女の子が一人殺害されてしまっていて、そんなちょっと悲しい出来事が起こりつつも、その半年後に肝試しみたいなのを行うわけなんですけど、その女の子が『ジョージ』って呼ばれている殺人鬼に殺されてしまって。『殺人鬼ジョージは誰なのか?』とか、そういう風にまた別の事件も絡んでくる。それで、どんどんどんどん複雑になっていって、違和感を覚えて謎が解明されていって。ミステリーものの面白さが全て詰まっているような一冊になっています」

——ありがとうございます。後編では広瀬さんの思い出の一冊などをご紹介します。お楽しみに!

<プロフィール>
広瀬彩海 ひろせあやか/1999年生まれ、神奈川県出身。アイドル。女優。ハロー!プロジェクトに所属する5人組アイドルグループ「こぶしファクトリー」のリーダー。2011年、NICE GIRL プロジェクト!研修生として活動を開始。2015年1月に現在所属する「こぶしファクトリー」の結成が発表されメンバーに加わり、同年3月にリーダーに就任した。グループとしては音楽ライブやイベントなどの開催を中心に活動を行い、今年3月にはニューシングル『これからだ!/明日テンキになあれ』をリリースした。

■関連記事
『安楽死を遂げるまで』にはいずれ誰もが直面する問題が描かれている——アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(後編)
『都知事失格』は、知事を経験した人が知る正しい情報を伝える一冊——アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(前編)
誉田哲也さんの『幸せの条件』から幸せの形は一つではないと考えさせられた——アノヒトの読書遍歴:河邉徹さん(後編)

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。