ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファビオ・カラムル、日本の野鳥と一大セッションを繰り広げた新作を発表

ファビオ・カラムル、日本の野鳥と一大セッションを繰り広げた新作を発表

 ブラジル・サンパウロのピアニスト、ファビオ・カラムルが2016年にリリースしたブラジルの動物達とピアノの対話『EcoMusica』に続く、『EcoMusica | Aves』を2018年5月16日にリリースする。

 第2弾となる今作は、2017年春に開催された初来日ツアー、東京から福岡、東から西へ1000kmの旅路と8つの都市を訪れる中で日本で見た全く新しい景色と多くの出会いにインスパイアされ、帰国後3か月でレコーディング。バードリサーチから提供された日本の鳥の鳴き声と即興セッション後に、20の鳥の声を選定し、2度のレコーディング・セッションと鳥の声の入念なサウンドデザインを経て完成した。

 クラシックのピアニストとしてキャリアをスタートし、アントニオ・カルロス・ジョビンやカマルゴ・グアルニエ、リエイトル・ヴィラ=ロボスらブラジル音楽の弾き手としても知られるファビオ・カラムルの豊富なキャリアに裏打ちされた様々なスタイルが、カッコウやウグイスなど馴染みのある鳥の声のユニークさを際立せ、斬新な解釈が野鳥とピアノ二つの音の驚きのマリアージュを実現。日本の野鳥との一大セッションが楽しめる。

 現在Soundcloudで、収録曲「Uguisu」、「Hashibosogarasu」が公開中となっている。

◎「Uguisu」、「Hashibosogarasu」音源
https://soundcloud.com/flaurecords/fabio-caramuru-uguisu
https://soundcloud.com/flaurecords/fabio-caramuru-hashibosogarasu

◎『EcoMusica | Aves』トラックリスト
1. KOMADORI
2. ZUAKAAOBATO
3. HIDORIGAMO
4. KAKKOU
5. IKARU
6. AOBATO
7. UGUISU
8. KOHAKUCHOU
9. CHUUSHAKUSHIGI
10. HOTOTOGISU
11. OOYOSHIKIRI
12. KUMAGERA
13. TORATSUGUMI
14. MEBOSOMUSHIKUI
15. HASHIBOSOGARASU
16. TSUMI
17. GABICHOU
18. KUINA
19. KUMATAKA
20. MANAZURU

◎リリース情報
『EcoMusica | Aves』
ファビオ・カラムル
2018/5/16 RELEASE
http://flau.jp/releases/ecomusica-aves/

関連記事リンク(外部サイト)

ファビオ・カラムル、童謡のメロディの豊かさを再提示したピアノ小曲集を発表
ジョビンの名曲を取り上げた新作を発表したばかりのファビオ・カラムルー、初来日ツアー決定
ブラジルの動物達の歌声とピアノが織りなす、ファビオ・カラムルーによる革新的な作品が完成、ドローンによる撮影のMVも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。