ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「便利だから」から「遠出するため」に。息子の成長とともに車の使い方も変わっています

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは、どんなクルマと、どんな時間を?

▲岩手県にお住まいの柿木さんご家族。休日はこうして家族で出かけることが多いそうだ

▲岩手県にお住まいの柿木さんご家族。休日はこうして家族で出かけることが多いそうだ

子供が歩けるようになって、お出かけ先も増えています

「家の近くに岩手山がきれいに見える場所があるんですよね。夕日がきれいなので、行きましょう!」

柿木直也さんは愛車のトヨタ ノアを走らせ、その場所まで連れてきてくれた。辺り一帯は田んぼで開けていて、高くそびえる岩手山が夕日に照らされている。

「家族で出かけると、たまにここに寄ってから帰るんですよ」と奥さまの実可子さん。息子の咲人くんは1歳になったばかりでまだ遠出はできないため、近場の公園やこうした家の近くに寄ることが多いのだという。

▲休日は近くの公園に出かけ、家族の時間を楽しんでいる

▲休日は近くの公園に出かけ、家族の時間を楽しんでいる

柿木家のノアは約3年前、結婚した頃に購入。直也さんは、本当はFJクルーザーが欲しかったそうだが、「子供が生まれたら、車高が高いと乗るのが大変!」と奥さまと話し合い、最終的にノアに落ち着いた。

ノアは、平日は直也さんの通勤に、休日は家族でのお出かけに活躍中。日常生活に車が不可欠なため、休日には市民施設に行って他の子供と交流したり、ショッピングモールで買い物をしたりしている。

「子供を連れて出かけるのは大変なので、やっぱり車があると便利。授乳したり着替えさせたり、周りを気にすることなくできますしね」と実可子さん。

▲4月に1歳になったばかりの咲人くん。最近はやんちゃっぷりを発揮!

▲4月に1歳になったばかりの咲人くん。最近はやんちゃっぷりを発揮!

しかし、最近は「便利だから」だけではなく、「遠出をするために」車を使うことが増えてきた。そのきっかけは、咲人くんの成長だ。

「息子が卒乳して歩くようになったので、行動範囲がぐんと広がりました」と実可子さん。これまでは出かけても近くの公園程度だったが、先日は仙台まで遠出もした。

「子供用の小さな遊園地や、温泉旅行なんかにも行きたいね」とお出かけの候補をたくさん挙げていくお2人。

咲人くんの成長ととともに、車で行きたい場所もどんどん増え、行動範囲もこれからさらに広がっていくことだろう。

どんなクルマと、どんな時間を?

トヨタ ノア(現行型)と、息子の成長を感じる時間を。

2014年から生産されている、5ナンバーサイズミニバンの3代目。3代目からはハイブリッドモデルも加わり、エンジンラインナップは、2Lガソリンと1.8Lアトキンソンサイクル+モーターの2種類。柿木家の愛車は前期型モデル。

▲結婚した3年ほど前に購入。子供が生まれることを見据えて、ミニバンを選んだそうだ

▲結婚した3年ほど前に購入。子供が生まれることを見据えて、ミニバンを選んだそうだ

▲愛車・ノアとの時間は「家族でお出かけして、息子の成長を感じる時間」と話してくれた

▲愛車・ノアとの時間は「家族でお出かけして、息子の成長を感じる時間」と話してくれたtext/編集部 溝上夕貴

photo/早川佳郎

【関連リンク】

この車を探してみる 「どんなクルマと、どんな時間を。」過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

この車を探してみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。