ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャープ、2018の年フラッグシップ「AQUOS R2」を発表

シャープは 5 月 8 日、AQUOS シリーズの 2018 年フラッグシップモデル「AQUOS R2」をキャリアに先行して発表しました。
昨年から AQUOS R シリーズがシャープのキャリア統一モデルとして展開されており、2 作目となる今回の AQUOS R2 は前作 AQUOS R からスペックを大幅に上げただけでなく、国内初・世界初の要素もいくつか見られるなど注目の一台です。
AQUOS R2 は 6 インチ 3,040 × 1,440 ピクセルの WQHD+ ディスプレイを採用しており、ディスプレイは AQUOS R から大幅に拡大しましたが、AQUOS R Compact のような狭額縁デザインを採用したことで、本体の横幅は 5.3 インチ画面の AQUOS R と同じサイズなのです。
片手持ちで操作しやすそう。
液晶はフレームレートの高いハイスピード IGZO 液晶を使用しており、AQUOS R2 では国内向けスマートフォンとしては初めて Dolby Vision 方式の HDR 動画再生に対応しました。
引き続き HDR10 にも対応しています。
オーディオ機能の進化も AQUOS R2 の魅力の一つで、バーチャルサラウンドの Dolby Atmos や、Dolby の次世代オーディオコーデック「Dolby AC-4」をサポートしました。
プロセッサは Snapdragon 845 なので性能は申し分ないでしょう。
バッテリー容量は 3,130mAh となっています。
AQUOS R2 はリアに 2 つのカメラを持つデュアルカメラスマートフォンで、135 度の広角レンズを持つカメラは動画用、通常画角で 2,260 万画素のメインカメラは静止画用と役割分担する方式を採用しており、動画と静止画を同時に撮影できるようにしています。
それぞれのカメラは用途に応じてチューニングされているそうです。
また、AI を活用したカメラ機能も加わり、動画の撮影時に被写体や構図を分析し、例えば子どもの笑顔の瞬間やペットがカメラを向いた様子を識別し自動で撮影するなど便利になっています。
デザイン面は少し意見が分かれるかもしれませんが、スペックや機能は海外モデルと比較しても全く見劣りしません。
むしろ AQUOS R2 の方が多くの他社フラッグシップモデルを上回っているようにも思えます。
ぜひとも欲しい一台です。
Source : シャープ

■関連記事
DJI Phantom 4 Pro V2.0が正式発表、リニューアルしたカメラと低ノイズプロペラを採用など
HOYAの暗所視支援メガネ「HOYA MW10 HiKARI」 開封の儀
ASUS ZenFone 5 ZE620KLのレビュー

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。