ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

専用アプリで映像管理が可能に アンカーのフルHD対応ドライブレコーダー第二弾『Anker Roav DashCam C1』

Anker

アンカー・ジャパンは5月8日、高性能ドライブレコーダー『Anker Roav DashCam C1』を発売しました。Amazon.co.jpおよび一部家電量販店等にて販売し、価格は9999円(税込み)です。

2017年12月に発売された『Anker Roav DashCam C2』に続き、Ankerブランドのドライブレコーダー第二弾となる本製品。ソニー製CMOSイメージセンサーに加え、夜間でも正確にナンバープレートや風景を撮影できるAnker独自のNightHawkテクノロジーと145度の広角レンズを搭載し、最大4車線をフルHD(1080p)の高精細な映像で録画可能。

Anker

そして注目は、撮影した映像へのアクセスのしやすさが強化されていること。Wi-Fiを内蔵しているため、専用アプリを利用することで、撮影した映像をスマートフォンで直接管理・確認することができます(Android 5.0、iOS 9.0以上に対応)。

<製品の仕様>
入力:5V = 1A
映像フォーマット:MOV
サイズ:約86 × 66 × 36mm
重さ:約119g
最高解像度(動画):1080P/30FPS(1920×1080)
スクリーンサイズ:2.4インチ
パッケージ内容:Anker Roav Dash Cam C1、2ポートカーチャージャー、Micro USBケーブル、取り付けマウント(2個)、調整用バール、取扱説明書
※本製品の使用にはmicroSDカード(別売)が必要です。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。