ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ドイツ】おとぎの国の絶景をめぐる、ロマンチック街道バスの旅

【ドイツ】おとぎの国の絶景をめぐる、ロマンチック街道バスの旅
ドイツを代表する観光地といえば、やっぱりロマンチック街道。中世の町並みやノイシュヴァンシュタイン城など、ドイツのイメージを象徴する風景の数々に憧れる人も多いのでは。

そんなロマンチック街道をめぐる旅行者の強い味方が、「ロマンチック街道バス」。実際にロマンチック街道バスで街道を縦断した筆者が、ロマンチック街道バスの魅力と街道の見どころをレポートします。

ロマンチック街道の旅なら「ロマンチック街道バス」

【ドイツ】おとぎの国の絶景をめぐる、ロマンチック街道バスの旅
北はヴュルツブルクから南はフュッセンまで、全長410キロのロマンチック街道。この世界的に有名なドイツの観光街道をラクラク制覇できるのが、その名も「ロマンチック街道バス」です。

運行期間は毎年4月から10月まで。2018年は4月9日から10月14日まで、世界各国から訪れた旅人たちをおとぎの世界へと運びます。

ロマンチック街道バスは、フランクフルトからフュッセンへと南下する便と、その逆ルートをとる北上便が、それぞれ一日一便ずつ運行されています。

南下便は、朝8:00にフランクフルトを出発し、夜20:30にロマンチック街道の終点であるフュッセンに到着。北上便は朝8:00にフュッセンを出発し、夜8:30にフランクフルトに到着します。

停車時間を利用してロマンチック街道の見どころを観光

【ドイツ】おとぎの国の絶景をめぐる、ロマンチック街道バスの旅
ロマンチック街道バスは、単にロマンチック街道の見どころをつなぐ移動手段ではありません。その最大の特長のひとつが、おもな停留所で観光時間が確保されていること。

ロマンチック街道バスには30ほどの停留所があり、そのうち8つの停留所で15分から40分程度の観光時間が確保されています。

ゆっくり観光するために十分な時間とはいえませんが、停車時間を利用して、その町のアイコニックな風景の写真を撮ることができますし、ポイントを絞れば名所観光も可能。「限られた時間でできるだけたくさんの見どころを周りたい」という人にはぴったりです。

【ドイツ】おとぎの国の絶景をめぐる、ロマンチック街道バスの旅
なかでも、アクセス不便な世界遺産のヴィース教会に立ち寄れるメリットは大。路線バスでヴィース教会を訪れる場合、かなり時間に余裕を見ておく必要がありますが、ロマンチック街道バスならアウクスブルクからフュッセンに移動するまでのあいだに、気軽に観光することができるのです。

ゆっくりと観光したい町では一旦バスを降りて宿泊、短時間で観光を済ませたい町ではバスの停車時間を利用して立ち寄りと、メリハリのあるスケジュールを組むのがおすすめです。

観光地にバス停があるので移動が楽

【ドイツ】おとぎの国の絶景をめぐる、ロマンチック街道バスの旅
ロマンチック街道バスのもうひとつの大きな特長が、観光ポイントとなる町の中心部にバス停があること。

ドイツの鉄道駅やバスターミナルはたいてい町の中心から少し離れた場所にありますが、ロマンチック街道バスはどんどん町の中に入っていき、町のど真ん中で停車します。

時には、「こんなところまで大型バスが入っていいの!?」と思ってしまうような、旧市街の城壁の中へと入っていくことも。ロマンチック街道バスの停留所のなかには、他の長距離バスの進入や停車が認められていない場所もあるのだそうです。

町の中心部にバスが停まるということは、移動が楽ということ。観光地に宿をとっている場合、たいていロマンチック街道バスの停留所はすぐ近くなので、荷物を持っての移動が苦になりません。

無料WiFi・トイレ完備で安心・快適

【ドイツ】おとぎの国の絶景をめぐる、ロマンチック街道バスの旅
もちろん、ロマンチック街道バスには快適なバス旅に欠かせない設備も完備。調べものに必要な無料WiFi、長距離移動の際には気になるトイレが備わっているので、長旅でも安心して乗車することができます。

ロマンチック街道バスの利用方法

【ドイツ】おとぎの国の絶景をめぐる、ロマンチック街道バスの旅
日本語のパンフレットやオーディオガイドもあります

ロマンチック街道バスは、フランクフルト~フュッセン間を通しで乗車する必要はなく、ローテンブルク~ディンケルスビュール間など、一部の区間のみの利用も可能です。

予約は必須ではなく、通常の路線バス同様、予約なしでもその場で運転手に運賃を支払って乗車することができます。ただし、特に7~8月のハイシーズンは事前に予約をしておいた方が安心。

ロマンチック街道沿いには交通の便が良くない町も多いので、もし乗れなかった場合はスケジュールが大きく狂ってしまう可能性大。余計な心配をしなくて済むよう、ホームページからの事前予約をおすすめします。

さて、続いて筆者が実際にロマンチック街道バスを利用して立ち寄った見どころをご紹介しましょう。カッコ内には、フランクフルト発フュッセン行きの南下便のバスの発着時刻を記載しています。

ヴュルツブルク(9:40着、10:10発)

【ドイツ】おとぎの国の絶景をめぐる、ロマンチック街道バスの旅
ロマンチック街道の北の起点となるのが、マイン河畔の古都ヴュルツブルク。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。