ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Alpha Cam」は最高のセルフィードローンかも

コンパクトで携帯性に優れており、GPS やオプティカルフローセンサーにより安定性も高い実用的なセルフィードローン「Alpha Cam」が海外の通販サイトで手頃な価格で販売されています。
Alpha Cam は 4 万円前後の価格で販売されている小型 GPS ドローンです。
その魅力は何と言っても小さなハードタイプのポーチに機体、バッテリー、充電ケーブルが全て収納できる優れた携帯性で、お出かけの際に持ち歩くドローンに最適です。
セルフィードローンは最近の流行なので各社から様々な機体が発売されていますが、その中でも Alpha Cam は Sony 製イメージセンサー(1/3.06 インチ、F2.0 レンズ、FOV 90 度)を採用しており、4K @30fps や 1080p モードだとデジタルスタビライズを適用することもでき、綺麗な映像を撮影できます。
機体重量は 220g ほどしかありませんが、バッテリー容量は 2,000mAh と大容量で、小型ドローンながらも 20 分間のフライトが可能とされています。
しかもバッテリーは標準で 2 個も付属します。
Alpha Cam は GPS と Glonass の GNSS システムに対応しているだけなく、機体の底部にはオプティカルフローセンサーが装備されており、室内でも比較的安定します。
GPS ドローンなので、この手の製品では定番とも言えるワンキーリターン(RTH)やフォローミー、サークルフライト等の自動フライトが可能で、16GB の内蔵ストレージを搭載し、パノラマ写真の撮影にも対応しています。
ただ、送信機は無い、4K 動画にデジタルスタビライズ機能は適用されない、上空 20m までしか飛ばせない、といった制限があるので、DJI ドローンのように好きなように飛ばして好きな場所を空撮することはできません。
Source : Gear Best

■関連記事
まさにフルスクリーン、OnePlus 6の実機写真が流出
OnePlus 6のデザインやスペックはこんな感じ?
OnePlus 5TがAndroid 8.1 Oreoにアップデート、OxygenOS 5.1.1の配信開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy