ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android Pのスクリーンショットは通知から直接編集したり、トリミングや書き込みも可能に

Android の次世代バージョン「Android P」でスクリーンショット機能が強化され、通知パネルから編集モードに入ったり、トリミングや書き込みを行うことが可能になりました。
Android Oreo まで、スクリーンショットを撮影しても通知には、「共有」と「削除」しか表示されませんが、Android P の場合、「削除」に代わって「Edit」が表示されるようになったのです。
通知の「Edit」ボタンは画像の編集モードを提供する画面への入り口となっており、Google フォトのエディターや「Markup」と呼ばれる新ツールを通知から起動することができます。
新しい「Markup」とは、Android 標準のエディターの一つで、スクリーンショットの切り抜き(トリミング)や手書きでの書き込みが可能です。
スクリーンショットを撮影後にそのまま編集にかけて保存することができます。

■関連記事
Sony Mobile、オープンイヤーテクノロジーを活用した新型有線ヘッドセット「Open-ear Stereo Headset STH40D」を発表
Sony Mobile、スマホで充電できる2ウェイBluetoothヘッドセット「SBH90C」を発表
Meizu、Android Go Edition第一弾の開発でGoogleと提携

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。