ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雨天のカメラ撮影に“シャワーキャップ”が便利だった件 レインカバーの代用品としてあまりにも完璧

img_8108

4月19日から22日まで開催された『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』の取材をしていた筆者。最終日のレッドカーペットでは多くの映画監督・俳優・芸人が一堂に会するとあって張り切っていたのですが、天気予報はあいにくの雨。

イベントは野外で開催されるので雨が降れば濡れるのは必至。自分はレインコートを着ればOKですが、さて一眼レフカメラの雨よけはどうしたものか……

img_8122

ネット上の英知をかき集めてみたところ、多くのホテルでアメニティとして完備されている“シャワーキャップ”が便利だということが判明しました。

img_8124

使い方は非常にシンプル。シャワーキャップをそのままカメラにすぽっと被せちゃえばイイのです。

img_8143

輪ゴムやテープなどを使い、シャワーキャップを固定できればなお良し。筆者は同じくアメニティのヘアゴムを使ってみました。シャワーキャップがレンズに被ると撮影に支障があるため要注意です。

img_8129 img_8127

レインカバーとしてシャワーキャップが優れているのは、何といってもその伸縮性。ズームレンズで焦点距離を変更しても、その動きを邪魔する心配はナシ。ビニール袋じゃこうはいきません。

img_8136

もし100均などで購入する場合は、透明度の高いシャワーキャップがオススメです。液晶画面の確認もバッチリ。上級編として、ファインダー部分だけ穴をくり抜いちゃうのもアリかも。

img_8104

レッドカーペットでは2時間ほど雨に打たれながらの撮影となったのですが、機材は全くのノーダメージでした。吸水性の高いタオルを被せておくとさらに安心です。

もちろん専用のレインカバーがあるに越したことはありませんが、もし急な対処が必要になった時のために、カバンにシャワーキャップをしのばせておくと役立つかもしれませんよ。

シャワーキャップ装着カメラで撮影した写真はコチラから。

写真:井浦新・黒木メイサ・榮倉奈々らが雨のレッドカーペットに登場(第10回沖縄国際映画祭)
https://getnews.jp/archives/2038209

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。