ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ネタバレ注意】『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』カイロ・レンについて語る母親レイア:ボーナス映像

20180422_kyloandleia

「スター・ウォーズ」シリーズの最新作にして、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続く、新たなる3部作の第2作目『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。「MovieNEX」がいよいよ4月25日(水)に発売となります。ガジェット通信では、発売日の25日(水)までカウントダウン! 厳選されたニュースを毎日公開いたします。本日は「カイロ・レン」について語る映像を解禁!

【動画】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』カイロ・レンについて母親レイアが語るボーナス映像
https://www.youtube.com/watch?v=McY5feYOLsQ

レイア・オーガナとハン・ソロとの間に生まれた息子カイロ・レン。ルーク・スカイウォーカーの甥っ子でもある彼は、もともと強いフォースの力を秘めたていたが、ある出来事がきっかけでダークサイドに堕ちてしまい、ファースト・オーダーの指導者スノークの弟子となります。祖父ダース・ベイダーの後継者を自負しており、前作では実の父親ハン・ソロを手にかけてしまうという衝撃の展開がファンを驚かせました。

そのカイロ・レンが、本作では、レジスタンスを滅ぼそうと攻撃し、母親レイアの命までも奪いそうに……。このたび解禁となったボーナス映像では、レイア役の女優キャリー・フィッシャーが、カイロ・レンと対峙するシーンについての想いを語ります。

レジスタンスに対し見事な腕前で攻撃を続けるものの、次の瞬間レイアと向き合い、攻撃を躊躇するカイロ・レン。ダークサイドに堕ちた息子は、実の母親を見てどうするのか? どんどん緊張が高まっていくこのシーンについて、レイアを演じるキャリー・フィッシャーは、「私の息子は本当に愚かよ。私を殺そうとした」とカイロ・レンについて語っています。「でも直前で思いとどまるの。だって両親を二人とも殺すなんて間違いだもの。」と話す通り、そこには、ダーク・サイドに堕ちきれていないカイロ・レンの、迷いと苦悩が読み取れます。その彼が、本作でどのような決断をしていくのか? それは、来年公開予定の、次回作のストーリーへとつながる重要な伏線と言えるでしょう。

movienex_%e5%88%9d%e5%9b%9e%e7%89%88

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
4月25日(水)発売
MovieNEX(4,200円+税)
4K UHD MovieNEX(8,000円+税)
4K UHD MovieNEX プレミアムBOX(数量限定)(15,000円+税)
デジタル配信中

http://starwars-jp.com/lastjedi [リンク]
(C) 2018 & TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。