ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

90歳(卒寿)を迎えた『キリンレモン』。昭和3年からずっと透明であり続けてきた元祖自然派ドリンクの歴史を知り、90年目の最新リニューアル版を飲む!

1928年(昭和3年)に人工甘味料不使用・人工着色料不使用・無色透明の瓶という3つのこだわりとともに世間に登場したのが元祖自然派清涼飲料水『キリンレモン』。しかし卒寿を迎えてもなおリニューアルするという。歴史とともに今回のリニューアルに至る理由を探りたい。

日本の清涼飲料水のあけぼの〜ラムネからキリンレモン誕生まで〜

1853年に黒船来航、ペリーが運んできたのが縁日などで見かける「ラムネ」(語源はレモネードから)。これをもとにレモン水として日本でもラムネが登場し、明治19年(1886年)に大ブームとなる。そのきっかけは東京だけでも10万人が死亡した空前のコレラの大流行。”コレラに炭酸が効く”との風説からラムネ人気が大爆発することとなった。

生みの親の本城杢三氏。そのレシピはトップシークレット扱いだったとか

そんな世相を受け、昭和2年(1927年)に清涼飲料水開発のためキリンビールにスカウトされたのが本庄杢三氏。彼こそがキリンレモンの生みの親。独自レシピを作り出し、1928年(昭和3年)にキリンレモンは市場デビューを果たす。

これが初代キリンレモン!

90年前の1928年(昭和3年)と言ってもピンとこなくて当然。どのくらい昔かというと、その年は日本で初めて万人が参加できる第1回普通選挙(第16回衆議院議員総選挙)が行われた年で、ミッキーマウスが初めてお披露目された年。歴史の教科書なら張作霖(ちょうさくりん)が爆殺されて世界情勢が不安定になり、戦争の足音が聞こえてきた時代。ニューヨークで初めてテレビの定期放送が始まった、そんな時代に「キリンレモン」は産声をあげたのだ。

発売当時(1928年/昭和3年)のポスター

今でも画期的なのは、その時代に人工甘味料不使用・人工着色料不使用というこだわりの製法を取っていたこと。当時すでにあった透明炭酸清涼飲料水は、りんご風味の「三ツ矢サイダー」とレモン風味の「リボンシトロン」。そこにそうした自然派の柑橘系透明炭酸清涼飲料水として25銭で販売されることとなった。

発売当時のバックラベル

当時はラムネが1本2銭、アンパンが5銭という時代なので、まさに高級品。なのでそのまますぐヒット商品になることはなかった。

当時のラベルは当然右から読む

キャップはこんな感じ

広く使われていた人工甘味料チクロが問題になったことから、「キリンレモン」に追い風が吹く

1929年のポスター

今も昔も問題視されがちな人工甘味料。当時も安価で生産できることから広く使用されていた人工甘味料がチクロだ。米国で発がん性が指摘され、「チクロショック」として世間を騒がせると、日本の厚生省も使用禁止を通達。しかしもともと人工甘味料を使用していなかった「キリンレモン」は、高評価を受け、発売から45年かけて透明炭酸飲料ナンバー1の座に輝いたのである。

1936年のポスター

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy