体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『セガフェス2018』開催! 巨大UFOキャッチャーやメガドラを楽しめるセガグループの合同イベントをレポ!

セガグループ9社が合同でイベント行う『セガフェス2018』が、4月14日と15日の2日間、ベルサール秋葉原で行われた。前回の2016年11月から1年5か月ぶり2回目の開催となるセガフェスについて、盛りだくさんの内容を紹介しよう!

 

パワーアップした『セガフェス2018!』

おためし新商品ナビは、フェス前日のプレス向け内覧会から参加。内覧会の始めの挨拶では株式会社セガゲームスの宮崎浩幸氏から「2016年に開催した前回のセガフェスはセガグループが手探りの開催だったが、今回はチャレンジのある展示や体験ができた」とのコメント。「来ているお客さんも私たちも楽しめるフェスにしたい」と期待の言葉を語った。

撮影ではおちゃめなポーズを撮って早速楽しむ宮崎氏

セガフェスはベルサール秋葉原のB1F~2Fの3フロアで開催。内覧会では、1Fと2Fの展示・ゲーム体験コーナーが公開された。

 

1F「巨大アトラクション体験」

巨大アトラクション体験では、ここでしか遊べないビッグスケールの遊びが盛りだくさん! セガのゲームを体験しよう。

 

BIG UFO CATCHER(ビッグ ユーフォーキャッチャー)

会場の中で最も目を惹いたのは、フロア中央の巨大UFOキャッチャー。アームの代わりに人が吊り下がって景品をGETするいわゆる人間クレーンゲーム。景品にはソニックのぬいぐるみやぷよぷよのクッションなど、まさにセガを代表するアイテムも。ボタン操作係とアーム係の好きな方を選べ、友達2人での協力プレイも可能。ちなみに1人で操作係を希望すると、若手芸人がアーム係を務めてくれる。

 

 

記者も実際に、編集スタッフとBIG UFO CATCHERを協力プレイしてみた。もちろん記者はアーム係として参加だ。吊り上げられた高さ約3mからの景色は壮観。セガフェスを一望できる特等席。操作側からは奥行きが分かりづらいようで、狙いとは少しずれた位置で降下したが、腕を一杯に伸ばして、ソニックのぬいぐるみを無事ゲットできたぞ!

赤ぷよクッションとソニックぬいぐるみをゲット

巨大メガドライブコントローラー

巨大UFOキャッチャーのすぐそばには巨大メガドライブコントローラーが。横幅188cmのコントローラーを使って、実際のゲームをプレイすることができる。ゲームタイトルは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、『ぷよぷよ通』、『ベア・ナックルⅡ死闘への鎮魂歌』の3種類。いずれも1990年代前半にSEGAから発売されたタイトルだ。SEGAスタッフがデモンストレーションをしていたが、操作が難しく何度もうなり声をあげていた。

名作アーケードゲームコーナー

デイトナUSAは1994年にアーケードゲームで登場した3Dレースゲーム

『デイトナUSA』と『バーチャファイター2』が遊べる。ともに1994年にアーケードゲームとして登場し、その滑らかなフレームレートや演出が話題を呼び世界中で大ヒットした作品だ。

新作ゲーム体験コーナー

『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』、『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』、『共闘ことばRPG コトダマン』、『VRフィギュア from シャイニング -キリカ・トワ・アルマ-』が一足先に体験できる。

VRではキリカとのベンチデートを疑似体験できる。写真は肩にもたれかかるシーンを体験中

セガキャッチャーオンライン

株式会社セガ エンタテインメントが運営するアプリ『セガキャッチャーオンライン』が遊べる。操作は全てスマホやタブレットで行う。

ぷよぷよわたあめ

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。