体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北斎波頭ロゴがワイルド! コーラ好き日本人のために生まれた新ブランド『ペプシ Jコーラ』を生粋のコーラ好きが検証してみた

トランプ大統領や出川哲朗同様、記者もコーラが大好きだ。しかし近年のPEPSIの印象は正直地味。そこで本国アメリカとは別に日本オリジナルで開発されたのが、日本のコーラ・ファンに向けた『ペプシ Jコーラ』。100名超のコーラ好きの声から生まれたという新ブランド、果たして起死回生の一撃になるか!

何のフルーツ感か特定できない怪しい味とスパイス加減というコーラの原点に立ち返ったペプシにスタンディングオベーション!

サントリー食品インターナショナル『ペプシ Jコーラ』はレギュラー、ゼロカロリーまでは普通だが、カシス風味のミッドナイトというひねりを加えた3種ラインナップ。パッケージには葛飾北斎の浮世絵モチーフの波のイラストを用い、製品名ロゴ自体も筆文字というなかなかにヤンキーテイスト、もしくはドンキテイストを感じさせるデザイン。

確かにコーラはあまりお行儀の良い飲み物でもないので、こうした方向性は間違っていない気もする。実際に製品コンセプトは”お祭り”だというし。パリピ的に楽しく飲むためのコーラになっている模様。ではそれはどのような味わいで実現しているのか。3種類を順番に試していく。

 

これぞコーラ味のど真ん中
『ペプシ Jコーラ(レギュラー)』

(490mlPET・希望小売価格 税抜140円・2018年4月17日発売)

 

近年の「ペプシコーラ」といえば、レギュラーラインでもレモン味が強めの印象。それだけに生粋のコーラ好きとしてはその分コーラ感が減るように感じていた。しかしこの『ペプシ Jコーラ』はうれしいことに酸味はしっかりあるものの、明らかなレモン感は控えられた。

そう、コーラの醍醐味は薬臭さとも形容されがちな、様々なフルーツのミックスしたカラメル味。それがどの果物と感じてしまうのは、コーラとしてはそのまま弱みになる。正体不明のフルーツ感こそが、コーラの美味しさという一面があるからだ。

その点この『ペプシ Jコーラ』、往年のペプシ味を彷彿とさせる程よい酸味だが特定しにくいシトラス感とスパイス感が際立つ王道コーラとなった。ただ薬臭さは控えめ。でもしっかりコーラとわかる怪しげな香り。もちろんレギュラータイプなので有糖。果糖ブドウ糖液糖に砂糖を加えたガツンとした甘さ、カフェインとともに体に決して良くはない美味しさに溢れている。やはりコーラはこうでなくちゃ。

 

 

きりりとストイックな一面を見せる硬派な
『ペプシ Jコーラ ゼロ』

(490mlPET・希望小売価格 税抜140円・2018年4月17日発売)

とはいえメタボなコーラファンにとってはレギュラーはあまりに罪深い。ということで重要な役割を果たすのが『ペプシ Jコーラ ゼロ』。一口飲んだところで気づくのは甘さが控えめなこと。ゼロカロリー甘味料を使ったドリンクはともするとレギュラーより甘くなることも多いのだが、これはレギュラーをストイックな印象に引き締めたタイプのまとめ方。

香りも控えめでフルーツ感が少なくスパイス感を強めた味わい。ビリビリの炭酸とともに、大人のためのコーラという印象を抱いた。とはいえこれは有糖レギュラーを飲んだ後なので感じてしまうこと。最初にこれを飲めば、そんなに不自然さは感じないだろう。

甘みは大方のゼロコーラで採用されているアスパルテームを中心にスクラロースで砂糖感を出して仕上げるタイプ。キレの良さを重要視する人なら気にいるかも。

 

真夜中味はカシス味。妖しさ全開の
『ペプシ Jコーラ ミッドナイト』

(490mlPET・希望小売価格 税抜140円・2018年4月17日発売)

レギュラーがブルーで、ミッドナイトは紫に近いブルーと少々わかりにくいパッケージ

 

問題作(?)がこのミッドナイト味。ナイトシーンにうってつけの味を目指したのだそう。ミッドナイト味はカシス味。キャップをひねると確かにカシスの香りがして、コーラだとは思わない。何というか、行きすぎた「ドクターペッパー」のようなカシスの酸味と味が、今までにない味を感じさせる。

確かに真昼間には似合わない、カクテルライクな味仕上げ。ジンやウオッカあたりを投入したくなる、まさに夜の味。ちょっとワイルドな髪の色をした大人女子に似合いそうな妖しい味わいが面白い。

 

 

コーラ味の王道を極めたレギュラー、ストイックな味わいのゼロ、妖しさ全開のミッドナイト、ペプシがついに原点回帰でコーラのお楽しみをわかってくれた!

コーラ・ファンとしてはかなり飲みごたえのあるラインナップ。どこか怪しい味がする黒いドリンクという、決してヘルシー感は感じさせないコーラの本来の持ち味に着目した仕上げ方は大歓迎だ。パーティーシーンにぴったり来る、このちょっぴり自堕落なこの美味しさ。葛飾北斎の波頭のイラストがぴったりくる祭り感。改めてテンションあげて楽しみたいひとときにぴったりなラインナップである。

3つとも、原材料名表示がとても見にくい

 

全国のスーパーや自販機、コンビニで入手可能だ。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『ファンタ 情熱のオレンジ』vs『ペプシハロウィンコーラ』ハロウィン向け・インスタ映え必至の2大ド派手ドリンクを比較検証
『ペプシホワイトコーラ』冬にお似合いの白さが際立つ異色のコーラ、いったいどんな味なのか⁈
『コカ・コーラ/コカ・コーラ ゼロ コールドサインボトル』は何度でキン冷えとなり、ラベルの色が変わるのか
『ペプシストロング エナジー』高麗人参&ローヤルゼリーの味わいに悶絶必至の鼻血が出そうなエナジーコーラ!
フルグラにかけて最速時短朝食!? サントリー×カルビー共同開発『ボス ラテベース スイートメープル』の斬新さ

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。