ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お酒で彼氏や夫が被害に… 急増する「アルハラ女性」の実態とは?

お酒で彼氏や夫が被害に… 急増する「アルハラ女性」の実態とは?
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。4月11日(水)のオンエアでは、夫婦問題研究家・岡野あつこさんをお迎えし、飲酒にまつわる嫌がらせや迷惑行為「アルハラ」の最新事情にフォーカスしました。

■「アルハラ」とは

アルコールハラスメント、通称「アルハラ」。会社の歓送迎会やお花見など、お酒の席で上司が部下に「おれの酒が飲めないのか!」と、飲酒を強要するなどの行為を想像しがちです。しかし、最近では夫婦やカップルの間で、特に女性から男性への「アルハラ」が増えているとのこと。

岡野さんはオンエアで、改めて「アルハラ」について説明。「お酒を飲んで絡んで、嫌がらせや迷惑行為をすることなんです。これは、お酒を飲まない人にとって、人権侵害のようなもの」と述べました。

■夫の人格否定をしてしまうケース

女性から男性への「アルハラ」には、どのようなケースがあるのでしょうか。

岡野:たとえば、うちのケースであったんですけれども、自分の男性遍歴、「こんな男の人にモテた」とか「こんな男の人にプロポーズされた」みたいなことを言って、離婚になっちゃったケースもあります。夫の仕事について口出しをして、最後は「だから出世しない」「給料が上がらない」という、相手の人格否定にまで持っていく人がいました。

なぜ、女性から男性への「アルハラ」が増えているのでしょうか。

岡野:いま女性の社会進出が増えていて、女性も責任ある立場ということでストレスも溜まったり、接待という場面もありますから、そういうところでついつい女性がお酒を飲んで、その勢いでということもあります。また、生活が豊かになり、夫婦で外食に出かけてお酒を飲んで、言いたいことを言ってしまうという機会が多くなってきてますね。

■「アルハラ癖」のある人の特徴

サッシャ:「アルハラ癖」のある人を、どうやって見極めたらいいですか?
岡野:そうですね。今回は女性の「アルハラ」が問題視されているんですけど、ため込む人、我慢強い人は、お酒を飲んだら「アルハラ」になりがちですね。

ほかにも、おせっかいやお人好しも、アルコールによって「アルハラ」が増長してしまうことがあると、岡野さんは指摘します。

■「アルハラ」を受けたときの対処法

そんな「アルハラ」に対する対処法について、岡野さんは以下のように解説します。

岡野:相手がよかれと思って言っていることや不満に思っていることを、否定しないで一旦受け入れる。「そうだね、そうだね」と。それでも執拗にくるときは、早めに退散。「もう帰ろう」って。
サッシャ:どうせ酔ってるからね。
岡野:それでもダメなときってあるんですよ。そういうときには、とにかくふたりだけの世界をやめて、第三者に助けを求める。お店の人にちがう話題で「ところでこのご飯、おいしいですね」とか、そういうことで話題に第三者を入れて、その話題から引き離す。お店の人が忙しくて手伝ってもらえないようなときは、電話をかけて共通の友人に話題をすり替えてもらう。
サッシャ:そういう人とは、個室居酒屋には行くなってことですね。
岡野:ふたりの世界になるのが一番危ない。その話題に集中してしまいますから。

他にも、アルコールを過度に飲まさないことも、「アルハラ」を防ぐためのポイントだとアドバイスしました。

今週18日(水)の『STEP ONE』は、暗渠(あんきょ)ハンター・高山英男さんが登場し、「知られざる地下世界! 東京アンダーグラウンド」 について伺います。どうぞお聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。