体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンガポール限定の激レアカップヌードルを食べ比べ! 全部ウマすぎて日本発売を激しく希望する!!

世界初のカップ麺として知られ、日本だけでなく世界中で高い人気を誇る日清食品の『カップヌードル』。日本だけでもいろいろな種類のカップヌードルがありますが、国外ではそれぞれの文化に合わせてカスタマイズされた製品が販売されていて、日本では食べることのできない味もたくさんあるのです。

シンガポールのカップヌードルがハイクオリティらしい……

期間限定、地域限定と聞くとつい手を出したくなってしまうのが日本人の性というやつですが、国外のカップヌードルの中でも特にシンガポールで販売されている物はハイクオリティであるという情報を入手。そのタイミングでちょうどシンガポールに出かける機会があったため、日本では見かけない味のカップヌードルを買ってきました。

というわけで、今回調達できたのはこの4品。

マッシュルームチキン味

1品目は「マッシュルームチキン味」。その名の通りチキンときのこの味なのでしょうが、一体どんな味になっているのかは想像がつきません。そしてパッケージに記された「シイタケアタック!」という破壊力満点のパワーワードが気になります。

スパイシーシーフード味

2品目は「スパイシーシーフード味」。シーフード味のカップヌードルは日本でもおなじみですが、スパイシーの度合いが気になるところ。パッケージの写真を見るとかなりスープが紅に染まっているのが気になります。

ブラックペッパークラブ味

3品目は「ブラックペッパークラブ味」。つまり黒コショウ+カニ味ということなのですが、これもなかなかスパイシーな予感です。パッケージには「Angry crab」と記されているのですが、怒ったカニ……? 気になります。

チリクラブ味

そして4品目は「チリクラブ味」。こちらもかなりスープが赤そうです。まるで蒙古タンメン中本を彷彿とさせるレベル。4品中3品が辛そうな味になってしまいました。シンガポール人は辛いラーメンが好きなのでしょうか。

ガジェット通信編集部で品評会を開催!

それでは早速4品の食べ比べを始めましょう!

本来なら一人で食べてしまいたいところなのですが、4品も食べてしまってはお腹いっぱいになって公平に品評できなさそう。そこで今回はガジェット通信編集部からよしだたつき副編集長と、不定期で投げ銭イベント『鬼丸食堂』を主宰する料理人・鬼丸美穂さんを召喚。それぞれに感想をいただくことにしました。

1品目 マッシュルームチキン味

最も味の予想がつかなかった「マッシュルームチキン味」に熱湯を注いでみると、スープはまるでパイタンスープのように白く仕上がりました。味はあっさりとしているのですが旨味が強く、具材のチキンの食感がかなりしっかりしているのが印象的。これには3人とも大絶賛!

「骨付きの鶏肉を煮たときの味に似てるかな。キノコは良いダシになってる感じ。スープがちゃんとしてるから、体調が悪いときにも食べやすいかも」(鬼丸)

「チキンが美味しい! ちゃんと鶏肉感があるから、謎肉より日本で受けそうな気がする」(よしだ)

「チキンが主役! シイタケアタックって言ってる割にシイタケ感がない。ウマいけどね!」(ノジーマ)

2品目 スパイシーシーフード味

「スパイシーシーフード味」に入っている具は日本のシーフードヌードルとそっくり。量は日本のそれよりも若干多いかもしれません。気になるスープの味はやっぱり見た目の通り結構な辛さに仕立てられていました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。