ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ダメ人間 vs ヤバい就活生」 女性1人で立ち上げた小さな出版社の挑戦

「ダメ人間 vs ヤバい就活生」 女性1人で立ち上げた小さな出版社の挑戦
J-WAVEで放送中の「〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「THE HIDDEN STORY」。3月30日(金)のオンエアでは、代表の宮川真紀さんがたったひとりで立ち上げた出版社「タバブックス」にフォーカスしました。 

■売れ線を狙った本がうまくいかず…

植本一子さんの『かなわない』やリトルマガジン『仕事文脈』などを手がけてきたタバブックス。なぜ宮川さんは出版社を立ち上げたのでしょうか。

宮川:もともと出版社で雑誌や書籍の編集を15年ほど経験し、その後フリーランスで書籍の編集をしていました。そのとき、著者の「こういうふうにしたい」というものではなく、出版社側の「こうしたら売れるのではないか」という営業サイドの意向でやった本がうまくいかず、早いタイミングで重版未定、つまり絶版になってしまって。そこで、もう一度「そもそも著者がやりたかった形で出そう」と思ったんです。小さい出版社が少しずつ立ち上がっているのを知って「こういうやり方があるんだったらできるんじゃないかな」と思い、始めてみました。

2012年の秋、宮川さんはタバブックスを立ち上げました。きっかけとなったユーゴさんの『布ナプキン こころ、からだ、軽くなる』と同時に、リトルマガジン『仕事文脈』を出版しました。

宮川:ライフスタイル系の雑誌で、素敵な暮らしかたの人を取り上げる雑誌も素敵ですが、実際にその暮らしをするためにどんな仕事をしているのか、どういうお金の流れになっているかは、あまり出てないなというところがあって。仕事の本というと、ビジネスのノウハウ的な本や投資、労働問題の本はあるけれど、もうちょっと普通の人の、どんな風に人は働いて、どういう暮らしを作っているのか、というのを取り上げてる雑誌やメディアはないと思いました。

『仕事文脈』では、働くことに困っている、何か問題意識がある人の話を取り上げています。たとえば「ダメ人間 vs ヤバい就活生」という見出しで、「朝起きられない、遅刻しちゃう、時間を守れない」デザイナーさんが「夜中は起きていられるから、夜中に一日で仕事を仕上げる」という話や、企業エントリーをぜすに「私を採用しませんか?」というサイトを作って、企業に逆エントリーを募集した大学院生の女性など、欠点をプラスに変えるような話題を取り上げています。

■最大のヒットになった『かなわない』

タバブックスで、最大のヒットとなったのは、植本一子さんの『かなわない』。この本は今は亡き夫、ラッパーのECDさんと子どもたちとの暮らしをありのままつづった一冊です。そのなかにはお子さんふたりとの生活がありのままに綴られています。キラキラ育児とは真反対の、いやなことや反発の受けてしまいそうなことも嫌味なく綴られているのが特徴です。

その他にもタバブックスは『シリーズ3/4』という、ページ数200ページ以下で、小ぶりの本を出版しています。「ぎちぎちに100%頑張るのではなく、もうちょっとゆとりを持って生きたいなと考える人が、読んで楽しめる本」という思いから作ったそうです。

「仕事、生き方、働き方について考えている人がたくさんいると思うので、そういう方への本は出していきたい。あと、いま世の中にないものを出したい」と語る宮川さん。「売れそうな本」ではなく、今までにない本の出版を目指して、挑戦は続きます。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】 番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。