ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

二宮和也『天城越え』は騙されて丸坊主にされたと暴露!「親の前ではちゃんと子どもでいること」など持論も展開

dsc_2194

4月22日からスタートする日曜劇場『ブラックペアン』(日曜よる9時放送)で主演を務める嵐の二宮和也さんが、TBSテレビ入社式にサプライズゲストとして登場。新入社員を前に、過去の暴露話や一番感動した出会いについて語りました。

司会からの「新入社員のみなさんのために、駆けつけてくれた方がいます」という紹介で突然現れた二宮さんに、38名の新入社員たちは「お~!!」と歓声を上げ大興奮。驚きのあまり、涙目になる新入社員も。

二宮さんは1998年にTBSのスペシャルドラマ『天城越え』でドラマデビュー。「さっきここに来て思い出したんですが、この会場の対面にある会議室。僕が14歳の時に『COUNT DOWN TV』のリハーサルだと言われて来たんですけど、会議室に着いたら<二宮和也 断髪式会場>って書いてあって(笑)。入ったら記者さんたちがいて、用意された真ん中の椅子に座ったら坊主にされて(笑)。そこでドラマに出ることを初めて知りました(笑)。皆さんが入社したのはそういう会社なんです(笑)。(今日入社式に参加したことで)自分がドラマに初めてかかわった時のことを思い出すことになって、すごく懐かしいなと思いました」と当時の裏話を暴露し、会場は笑いに包まれました。

また、「皆さんと僕が違うのは、僕は出世はしないんです。“あと2年でV6です”とか、“あと5年でTOKIOです”とかじゃなく、ずっと嵐でいるわけで。だからあまり競争意識はないんですが……。皆さんはこの先同期が上にいったりすると悔しいと思うかもしれないけど、それは最初くらいなんじゃないかな。それがうれしさに変わったりする時期がくると思うんです。その時に同期の絆や思いっていうのを忘れないでいられると、いい人間になれるんじゃないかと思います」とアドバイス。新入社員たちは真剣に聞き入り、頷いていました。

さらに新入社員から質問を受け付け、「今までの人生で一番感動した出会いは?」との質問には、「クリント・イーストウッドです。みんなが知っている人だけど、みんなが会えない人ですよね。その方にお会いできるチャンスを僕はいただけて。感動しましたね。映画に参加させていただいて、演技指導もしていただいて。彼は“僕は毎日現場に宝物を拾いに来ている。その宝物をつなげたら映画になったんだ”って言っていて。僕も映画監督になったらこれを言おうと思っています(笑)。それくらい概念の違う人。皆さんもそういう上司に出会えると仕事の考え方も変わってくるだろうし、想像以上の仕事ができるんじゃないかなと思います。働くのは自分ひとりでするわけじゃないですからね」と貴重な経験を話しました。

他にも「初任給で親孝行したい。二宮さんが社会に出て初めてした親孝行は?」との質問には、「親孝行したい、というその思いが親孝行だと思って、僕はまだしていません(笑)」と会場を笑わせる一方で、「親って、一番分かってくれる人だと思うんですよね。一緒にご飯食べに行ったり旅行に行ったり、それは自分のお金ではなくて、お父さんお母さんのお金で行った方がいいと僕は思いますよ。(社会に出たという)すごいことはもうしているし、自分が子どもでいられるのはお父さんとお母さんの前だけだから。そこはちゃんと子どもとしていた方がいいんじゃないかな」と、“子どもでいること”にこだわりを見せる一面も。

イベントは盛り上がり、予定時間を大幅にオーバー。二宮さんは丁寧に新入社員の質問に答え、笑いを交えてエールを送っていました。

【番組概要】
日曜劇場『ブラックペアン』
4月22日(日)スタート
毎週日曜よる9:00~9:54(初回は25分拡大)
原作は海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)。シリーズ累計150万部を超えており、「チーム・バチスタの栄光」の原点となる人気作。

舞台となる東城大学医学部付属病院に、突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプ。この最新機器を巡る疑惑をきっかけに、外科医としてのプライドを守ろうとする“オペ室の悪魔”こと渡海征司郎 (二宮和也)が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく姿を描く。病院、研究室、製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題や様々な不正、“ブラックペアン”と呼ばれる特製の真っ黒いペアン(止血用鉗子)に隠された過去が暴かれる、痛快な医療エンターテインメントドラマだ。主演の二宮和也をはじめ、竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、加藤綾子、加藤浩次、市川猿之助、小泉孝太郎、内野聖陽ら豪華出演者が決定し、話題を呼んでいる。

(C)TBS

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。