ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Gboard物理手書きバージョン」が公開、キーボード配列等を覚えなくても思い通りの文字入力が可能に

Google の日本語入力チームはユーザーの文字入力体験を高めるべく日夜開発に取り組んでおり、毎年 4 月 1 日のエイプリルフールの日にはその研究成果を発表します。
今年も新たな Google 文字入力アイデア「Gboard 物理手書きバージョン」を発表しました。
「Gboard 物理手書きバージョン」は専用に開発されたコンバーターに PC 作業等で使用する物理キーボードを接続し、キートップをゴリゴリとなぞることで意図した文字を入力できるアイデアです。
この場合、キー上をなぞるだけなので、キーの配列を覚えたりキーボードの種類を考える必要はなく、直感的に思い通りの文字入力が実現するということです。
今年からベースがこれまでの「Google 日本語入力」から「Gboard」に変更された点も大きなポイントです。
Gboard は機械学習技術を活用したプロダクトなので、使っていくことでユーザーに最適化され、認識精度や賢さもアップします。
Google によると、「Gboard 物理手書きバージョン」は将来的に「とうもろこし」等どんなモノでも PC キーボードと同様の文字入力が可能になる予定です。
「Gboard 物理手書きバージョン」は、その WEB 版が既に公開されており、右上の「さっそく試す」に進み、お手持ちの PC キーボード上を指でなぞるとそこに描かれた文字が画面に表示されます。
Source : Google Japan Blog

■関連記事
スマホ手持ちジンバルのメリット、映像をズームしてもほとんど手ブレしない
Zello PTT Walkie Talkie : スマホがトランシーバーになる簡単チャットアプリ
国交省、山間部や離島等へのドローン配送を実現するため目視外飛行の規制を緩和へ、要件を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。