ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内でも買える! カリカリ、サクサク、ベトナムの絶品「古式天日塩」

国内で買える! カリカリ、サクサク、ベトナムの絶品「古式天日塩」
(C)sweetsholic

赤みがかったハワイの「ハワイアンソルト(アラエアシーソルト)」に、英国王室御用達の「マルドン・シーソルト」など、TABIZINEでは世界のおいしい天然塩をご紹介してきました。今回ピックアップするのは、ベトナム北中部ゲアン省生まれの「古式天日塩」です。

カリカリ、サクサク、後を引くおいしさ!

国内で買える! カリカリ、サクサク、ベトナムの絶品「古式天日塩」
(C)sweetsholic

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルたっぷり、深い旨みが特徴的な「古式天日塩」。大ぶりの塩の結晶はカリカリ、サクサクとした食感で、テーブルソルトとしても、料理に使ってもおいしくいただける海塩です。冷奴にパラリとかければ、そのおいしさがストレートに味わえます。

塩づくりの盛んなゲアン省

夏は暑く冬は寒いゲアン省は、ベトナムで最も過酷な気候をもつ地域とされています。そんな環境下にありながら、素晴らしい天然塩を作る地域としても知られているのです。

塩づくりの時期は、3〜10月の天気の良い日。古式天日塩は、濃縮海水を作るための「入浜式塩田」と、塩を結晶化するための「天日塩田」の2種類の塩田で作られます。太陽と光、熱を利用して作る、とてもナチュラルな白色度の高い塩です。

極上パンケーキ 〜おすすめの食べ方〜

国内で買える! カリカリ、サクサク、ベトナムの絶品「古式天日塩」
(C)sweetsholic

おすすめの食べ方は、食塩不使用の発酵バターとケーキシロップをたっぷりかけたパンケーキに、古式天日塩をパラリ。リッチなシロップとバターを上手にまとめてくれるので、味・食感ともに素敵なアクセントになります。いつものパンケーキが洗練された味わいに! 

どこで買える?

国内で買える! カリカリ、サクサク、ベトナムの絶品「古式天日塩」
(C)sweetsholic
 
国内ではいくつかのメーカーで、ゲアン省の古式天日塩の取り扱いがあります。筆者が購入したのは、食品会社「風と光」から販売中のもの。

ソルトシェイカーのイラストが描かれたキューブ型のパッケージが特徴です。また、収益の一部は子どもの権利や生存の実現を目指す国際NGO団体「Save the Children Japan」に寄付される、という点に惹かれました。300g入りで460円(税抜き)。通販サイトやフランス系ビオショップ「Bio C’ bon」などでも取り扱いがあります。

世界の天然塩にご興味を持たれた方は、「味も違えば、使い方も違う!世界の美味しい塩めぐり」も合わせてどうぞ!

[kazetohikari.jp]
[hakumatsu.co.jp]
国内でも買える! カリカリ、サクサク、ベトナムの絶品「古式天日塩」

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。