体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「オープンカーを買うなら花粉飛散の最盛期に限る!」という意外な提案

「オープンカーを買うなら花粉飛散の最盛期に限る!」という意外な提案 ▲「スギ花粉やヒノキ花粉が飛びまくってるこの時期にオープンカーなんてとんでもない!」と思うかもしれないが、実はこの時期にこそ、オープンカーの購入は検討を始めるべきなのだ

▲「スギ花粉やヒノキ花粉が飛びまくってるこの時期にオープンカーなんてとんでもない!」と思うかもしれないが、実はこの時期にこそ、オープンカーの購入は検討を始めるべきなのだ

「花粉の飛散が終わってから検討する」では時期を逃す

いよいよオープンカーにとって最適なシーズンがやってきた……などと書くと、「こちとら花粉症でえらい目にあってるっつーのに寝言いってんじゃねえよ!」と本気で怒られるかもしれない。

それでも今この瞬間こそが、オープンカーについて真剣に考えてみるべきタイミングである。

なぜならば、車というのは手元に届くまでにそれなりの時間がかかる品物だからだ。

地域による違いはあるが、スギ花粉とヒノキ花粉の超絶飛散が収まるのが4月末から5月半ばぐらい。

そこから「じゃ、気候も良くなったっつーことでオープンカーでも乗ってみるか」と検討を始めると、車種を決め、そして個体の購入契約が完了するのが6月前半ぐらいだろうか。

そこから納車整備やら車庫証明取得やらのモロモロが行われると、あなたの手元にオープンカーがやって来るのは早くて6月半ば、場合によっては6月後半になるだろう。

そうなると、とりあえず本年の前半に快適なオープンエアライフを堪能できるのは正味1ヵ月ほどしかないことになってしまう。

なぜならば、8月ともなると(もちろん地域にもよるが)酷暑のため、オープンカーの屋根を開ける気など完全に失せてしまうからだ。

▲北海道や東北などではそうでもないのかもしれないが、8月の関東以西で日中にこのようなフルオープン状態にして走ると、冗談抜きで生死にかかわる場合も?

▲北海道や東北などではそうでもないのかもしれないが、8月の関東以西で日中にこのようなフルオープン状態にして走ると、冗談抜きで生死にかかわる場合も?

オススメはズバリ総額100万円以下の輸入オープンカー?

ということで、もしも、あなたが心のどこかで「そろそろオープンカーもいいかな?」なんて思っているのであれば、仮に鼻と目がグジュグジュであったとしても、検討開始すべきは「今」なのだ。

今、とりあえず検討を始めれば、花粉の超絶飛散がおおむね収まる頃あたりにめでたく納車となり、そこから2ヵ月半ほどはスーパー気持ちいいオープンエアライフを送ることが可能になる。

それでも8月になるとやっぱり酷暑でどうにもならなくなるわけだが、それはまぁ日本の関東以西に住んでいる限りは仕方ない話。

いさぎよくあきらめて夏場は屋根をピシッと閉め、秋からまたオープンエアを堪能するほかない。

以上をもって、微妙に古い言い回しで恐縮だが「いつ検討するか? 今でしょ!」ということは十分おわかりいただけたと思う。

残る問題は「じゃあどんなオープンカーを買うか?」である。

本質的な回答としては「好きなモノ、ご予算が合うなら何でもいいんじゃないでしょうか?」ということになるが、それでは若干投げっぱなしすぎるということで、僭越ながらひとつの指針を示したい。

それは「総額100万円以下の輸入オープンカーがいいんじゃないでしょうか?」というものだ。

▲写真は、現在の相場がおおむね総額250万円前後となる旧型BMW 3シリーズ カブリオレ。こういうのももちろんステキなのだが、オープンカーというのは総額100万円以下でも割と十分以上に楽しめたりする

▲写真は、現在の相場がおおむね総額250万円前後となる旧型BMW 3シリーズ カブリオレ。こういうのももちろんステキなのだが、オープンカーというのは総額100万円以下でも割と十分以上に楽しめたりする

「屋根が開く」ということのプライスレスな価値

車というのは基本的に(あくまで基本的に)高ければ高いほど「いい感じ」になる機械製品だ。

100万円よりは200万円、200万円よりは400万円の車の方が、性能も乗り心地もビジュアルも、そして快適装備や安全装備の類も、すべてが上だと思ってほぼ間違いない。

それなのになぜ「総額100万円以下」というお安い価格帯のブツをあえてオススメするのか?

それは、オープンカーというのは「オープンカーである」というその事実だけで、オーナーの人生に相当な価値をもたらすからだ。

さほど高額な物件でなくても、とにかく屋根を開けて太陽と風を感じながら走るだけで、実はかなり満足できちゃったりするのがオープンカーという乗り物の特徴。

そのため、総額100万円以下ぐらいの比較的安価な予算でも十分な勝機を見いだせるのである。

そして国産車ではなく輸入車のオープンカーをオススメする理由は、単純に「その方が選択肢が豊富だから」だ。

オープンカーの本場(?)はヨーロッパまたは北米であるため、どうしたって輸入オープンの方が選べる車種の数は多い。

まぁそれだけの理由なので、もしも国産オープンでドンピシャなブツが見つかるなら、もちろんそれでもOKだ。

▲もちろん数百万円とか数千万円の高級オープンカーは恐ろしいほど素晴らしい乗り物だが、比較的安価な中古車であっても、真夏以外の天気が良い日に屋根を開けてのんびり走れば、人間はそれだけでけっこう幸せになれるものだ

▲もちろん数百万円とか数千万円の高級オープンカーは恐ろしいほど素晴らしい乗り物だが、比較的安価な中古車であっても、真夏以外の天気が良い日に屋根を開けてのんびり走れば、人間はそれだけでけっこう幸せになれるものだ

で、例えばこんな総額100万円以下系輸入オープンはいかが?

それでは具体的な候補車種を見てみよう。生活状況から考えて「2人乗りでもノープロブレム」と思うのであれば、例えば初代BMW Z4だ。

▲2003年から2009年にかけて販売された初代BMW Z4。エンジンは直6の2.5Lと3Lの2種類で、いずれも5速ATと組み合わされる。ソフトトップの格納は2.5iの前期型が手動式で、3.0iは電動式

▲2003年から2009年にかけて販売された初代BMW Z4。エンジンは直6の2.5Lと3Lの2種類で、いずれも5速ATと組み合わされる。ソフトトップの格納は2.5iの前期型が手動式で、3.0iは電動式

2代目Z4は電動メタルトップを備えるタイプに変わったが、こちら初代はクラシカルな幌のトップ。そこが逆にシブいと思えるのであればナイスな選択肢だ。

特にハンドリング性能がかなり素晴らしいので、「運転好き」の男女には猛烈にオススメしたい。総額90万円前後で走行5万km付近の個体が探せるはずだ。

これまた2人乗りでも問題ないのであれば、いっそ「ポルシェ」を買ってしまうという手もある。

▲こちらが初代ポルシェ ボクスター。1996年から2004年まで販売されたミッドシップレイアウトの2シーターオープンで、前期ベースグレードのエンジンは水平対向2.5L。1999年10月からは2.7Lに拡大された

▲こちらが初代ポルシェ ボクスター。1996年から2004年まで販売されたミッドシップレイアウトの2シーターオープンで、前期ベースグレードのエンジンは水平対向2.5L。1999年10月からは2.7Lに拡大された

総額100万円以下で狙える初代ポルシェ ボクスターの数はやや少なめだが、それでも総額90万円台で探すことは十分可能。

その価格帯の物件はさすがに若干のヤレが散見されるケースも多いが、それでもちゃんと整備されてきた個体であれば、ポルシェならではの重厚でシュアな乗り味はまだまだ堪能できる。

ある程度の整備用貯金もプールしたうえでチャレンジしてみたい選択肢だ。

ややのんびり走りたい人が2シーターオープンを探すのであれば、初代メルセデス・ベンツ SLKクラスが最適だろう。

▲1997年から2004年にかけて販売された初代メルセデス・ベンツ SLKクラス。ルーフは「バリオルーフ」と呼ばれる電動開閉式のメタルトップで、ベースグレードのエンジンはスーパーチャージャー付きの直4 2.3L

▲1997年から2004年にかけて販売された初代メルセデス・ベンツ SLKクラス。ルーフは「バリオルーフ」と呼ばれる電動開閉式のメタルトップで、ベースグレードのエンジンはスーパーチャージャー付きの直4 2.3L

形はスポーツカーっぽく、実際スポーティにも走れる車だが、この車の本領はいかにもメルセデスらしく鷹揚(おうよう)に走る際に発揮される。

ポルシェの重厚さとはまた違うメルセデス流の重厚な感触は、けっこうクセになる味わい。総額60万~90万円あたりで、走行距離がさほど延びていない個体が探せるはずだ。

とはいえ「2人乗りはちょっと……」という人も多いだろう。その場合はBMW 3シリーズのカブリオレでどうだろうか。

▲こちらが旧々型BMW 3シリーズカブリオレ。販売期間は2000年から2007年で、搭載エンジンは3L 直6の1機種だった。ルーフは3層構造のソフトトップで、電動により約25秒で開閉する。乗車定員は4名

▲こちらが旧々型BMW 3シリーズカブリオレ。販売期間は2000年から2007年で、搭載エンジンは3L 直6の1機種だった。ルーフは3層構造のソフトトップで、電動により約25秒で開閉する。乗車定員は4名

同時期の3シリーズ クーペをベースに作られたオープンカーなので、後席も成人2人がまあまあの余裕を持って座ることが可能。

エンジンは自然吸気の3L DOHCで、これがまたいかにもBMWらしいかなりの快感エンジンだ。

ある程度の整備予算も確保したうえで狙いたい車ではあるが、とりあえずの予算は総額80万~100万円ぐらい。整備履歴がなるべく充実している個体を探すと、おそらくは幸せになれるだろう。

以上、「輸入車の」「しかもオープン」という比較的ニッチな話であるため、もちろん全員にこれらをオススメするわけではない。

だが、もしもあなたが「人生1回ぐらいはオープンカーがある生活をしたいものだよね……」と薄々思っているのであれば、まだまだ花粉が飛散しているこの時期から、花粉をシャットアウトした自宅内にて検討開始することをオススメしたいのだ。

text/伊達軍曹

photo/ポルシェ、BMW、ダイムラー本稿に登場した輸入オープンカーをチェックしてみる▼検索条件BMW Z4(初代) /ポルシェ ボクスター(初代) /メルセデス・ベンツ SLKクラス(初代) /BMW 3シリーズカブリオレ(2代目)×総額100万円以下×修復歴ナシ

関連記事リンク(外部サイト)

この車を探してみる
「COLLEZIONE」店舗ページはこちら
絶滅危惧車のホンダ アヴァンシアを探してみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。