体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

完全自動運転を目指したコンセプトモデルも展示! ジュネーブ・モーターショー2018で注目のドイツ車たち

▲今年もスイス、ジュネーヴのコンベンションセンター、パレクスポで開催された、ジュネーヴ・モーターショー2018。世界5大モーターショーのひとつに密着取材した

▲今年もスイス、ジュネーブのコンベンションセンター、パレクスポで開催された、ジュネーブ・モーターショー2018。世界5大モーターショーのひとつに密着取材した

ドイツ車は注目モデルが目白押し

スイスのジュネーブで毎年春に開催される、世界5大モーターショーのひとつが、ジュネーブモーターショーだ。正式な名称は、サロンアンテルナショナルドロト。和訳すると、国際自動車見本市だ。

自国に自動車メーカーをもたないスイスならではの中立的なショーだけに、欧州勢、日本勢ともに注目モデルを投入してきた。今回は注目のドイツ車を紹介する。

▲メルセデスAMGは、AMG GTの4ドアモデルバージョン、AMG GT 4ドアクーペを世界初公開。「63S 4MATIC+」グレードは、2ドアモデルの「GT R」よりもスペックが高いとか。今夏にも発売されるというだけに、かなり精密に仕立てられていた

▲メルセデスAMGは、AMG GTの4ドアモデルバージョン、AMG GT 4ドアクーペを世界初公開。「63S 4MATIC+」グレードは、2ドアモデルの「GT R」よりもスペックが高いとか。今夏にも発売されるというだけに、かなり精密に仕立てられていた

▲アウディは、中核であるA6セダンをフルモデルチェンジさせて初お披露目。エンジンは、ガソリン、ディーゼル含めすべてにマイルドハイブリッドが組み合わされる。安全運転支援システムも刷新され、駐車支援機能などが組み込まれる

▲アウディは、中核であるA6セダンをフルモデルチェンジさせて初お披露目。エンジンは、ガソリン、ディーゼル含めすべてにマイルドハイブリッドが組み合わされる。安全運転支援システムも刷新され、駐車支援機能などが組み込まれる

▲BMWのラージサイズクーペとして開発が進められている、8シリーズ。開発中の2ドアモデルに加わるであろう、4ドアクーペのスタディとして出展されたモデルが、BMW M8グランクーペだ。Mモデルらしい大型エアインテークなどは迫力があった

▲BMWのラージサイズクーペとして開発が進められている、8シリーズ。開発中の2ドアモデルに加わるであろう、4ドアクーペのスタディとして出展されたモデルが、BMW M8グランクーペだ。Mモデルらしい大型エアインテークなどは迫力があった

▲BMWは、コンパクトSAVの新型X4を初公開。先にデビューしたX3を彷彿とさせる、大型キドニーグリルやツインヘッドランプが採用された。スマートフォンとの連携をさらに強化し、車と人とのシームレスな接続が可能になっている

▲BMWは、コンパクトSAVの新型X4を初公開。先にデビューしたX3をほうふつとさせる、大型キドニーグリルやツインヘッドランプが採用された。スマートフォンとの連携をさらに強化し、車と人とのシームレスな接続が可能になっている

▲ポルシェはEVのスタディモデル、Mission E クロスツーリスモを展示。Mission Eがスポーティセダンのスタイルであるのに対して、このクロスツーリスモは、CUV(クロスユーティリティヴィークル)スタイルを採用。今後、電動SUVがトレンドになるかも

▲ポルシェはEVのスタディモデル、Mission E クロスツーリスモを展示。Mission Eがスポーティセダンのスタイルであるのに対して、このクロスツーリスモは、CUV(クロスユーティリティビークル)スタイルを採用。今後、電動SUVがトレンドになるかも

▲ポルシェ 911シリーズにおける、NAエンジン搭載モデルの最高峰にあたるモデルがGT3だ。ジュネーヴでは、改良新型が登場。4Lの水平対向エンジンは、最高出力が従来型比+20psの520psへ向上。7速PDKミッションが組み合わされる

▲ポルシェ 911シリーズにおける、NAエンジン搭載モデルの最高峰にあたるモデルがGT3 RSだ。ジュネーブは、改良新型が登場。4Lの水平対向エンジンは、最高出力が従来型比+20psの520psへ向上。7速PDKミッションが組み合わされる

▲フォルクスワーゲンは、電動ブランド、I.D.シリーズのスタディモデル、I.D.VIZZIONを初公開。巨大なボディが印象的だった。写真をご覧いただきたい。完全自動運転車が目指されており、ステアリングやペダルは、装備されていないことがわかる

▲フォルクスワーゲンは、電動ブランド、I.D.シリーズのスタディモデル、I.D.VIZZIONを初公開。巨大なボディが印象的だった。写真をご覧いただきたい。完全自動運転車が目指されており、ステアリングやペダルは、装備されていないことがわかるtext&photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

この車を探してみる
日産 マーチ12SRの中古車を見てみる
絶滅危惧車のBMW 5シリーズ(E34型)を探してみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。