体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サービスエリアって下り線の方が充実してる気しません? てことで上りの充実度を検証すべく“上り線グルメ”を堪能してきた!

▲広島→東京間のおいしそうなグルメを食べて食べて食べまくります!!

▲広島→東京間のおいしそうなグルメを食べて食べて食べまくります!!

高速道路の上り線にあるSAって、下りと比べて栄えてなさそうに思うのは気のせい?

皆さんこんにちは。編集部のてんちょ~です。突然ですが、おいしい物を食べているときって最高に幸せですよね!

特に、高速道路を使って移動するときには、サービスエリアやパーキングエリアで、ついついおいしそうな匂いにつられて、つい食べてしまうのが、この世の理というもの……。

そこで、ふと疑問に思ったのですが、高速道路のサービスエリアって、下り線の方が建物が新しくなっていって、食べ物が充実しているイメージってありませんか?

NEXCOさんに問い合わせたところ、開発自体に上り下りに差はないとのこと。

ですが、高速道路を利用する人の数は、都心から出る人が多い。しかも都心近くのサービスエリアを多くの人が利用する傾向があるそうです。

で、ここで気になったのが「開発に差がないなら上り線のサービスエリアにもおいしい物がたくさんあるのか!?」ということ。

調べてみると、実は、上り線限定のものなどグルメがたくさん存在していました!

先日、別の取材で広島まで行ったので、その帰り道に上り線の気になるスイーツや軽食を食べまくってきました!

『無給油の旅! ガソリン満タンでどこまで行けるのか!? CX-3でマツダ広島本社へ向かってガチ検証!』はこちら

「広島といえばコレ!」という定番と「塩味なの?」と驚いた山陽自動車道のサービスエリア

山陽自動車道に乗ったときに、時刻は16時を過ぎていました。ちょうどお腹も空いてくるこの時間帯。たくさん食べられそうです!

この山陽自動車道では、2ヵ所のサービスエリアに立ち寄りました。

福山SAの「クロワッサンもみじ饅頭」と龍野西SAの「塩味・あんこソフト」です。

▲まずは広島県にある福山SAの、クロワッサンもみじ饅頭(税込200円)。広島といえば、もみじ饅頭。しかしこれはクロワッサンの生地を使った、サクサク食感たまらない一品

▲まずは広島県にある福山SAの、クロワッサンもみじ饅頭(税込200円)。広島といえば、もみじ饅頭。しかしこれはクロワッサンの生地を使った、サクサク食感たまらない一品

▲兵庫県の龍野西SAでは、塩味・あんこソフト(税込400円)を頂きました。見た目のインパクトもなかなか。いざ食べてみると甘~いあんこと塩味が相まってちょうどいいあんばいに

▲兵庫県の龍野西SAでは、塩味・あんこソフト(税込400円)を頂きました。見た目のインパクトもなかなか。いざ食べてみると甘~いあんこと塩味が相まってちょうどいいあんばいに

中国自動車道ではお目当ての店舗が営業時間終了……

広島を出発しておよそ3時間強。この日は大阪に宿泊予定でしたので、最後の目的地になる中国自動車道の西宮名塩SAに立ち寄りました。

ココでのお目当ては、高速道路のサービスエリアに初出店となる、ベイクドマジックの焦がしシュークリーム(税込240円)しかし、事件発生……。

▲営業時間が終了しており、シャッターが下りていました。焦りながらお土産売り場を見てみると、同じ商品の冷凍バージョンが売られていました(5個入り税込1200円)

▲営業時間が終了しており、シャッターが下りていました。焦りながらお土産売り場を見てみると、同じ商品の冷凍バージョンが売られていました(5個入り税込1200円)

▲冷凍なので解凍に時間がかかったので翌朝頂くことに。シュークリーム自体の甘さは控え目ですが、上に載っている焦した砂糖がすごく甘く、ザクザクとした食感もおいしかったです

▲冷凍なので解凍に時間がかかったので翌朝頂くことに。シュークリーム自体の甘さは控え目ですが、上に載っている焦した砂糖がすごく甘く、ザクザクとした食感もおいしかったです

名神/新名神高速道路では2種類の中華まんを食す!

甘いものが続きましたが、この区間はしょっぱいものが続きます。しかも中華まん!

大津SAで「豚まん」を、土山SAで「牛まん」を頂きました。朝ご飯は食べたものの、中華まんと聞くとお腹が減ります……。

▲名神高速道路、滋賀県にある大津SAでは、551蓬莱の豚まん(1個税込170円)。食べやすいサイズで中の具はとってもジューシー。いくらでもおかわりできてしまいそう……。このお店は人気で、大阪土産に持ち帰ると大変喜ばれるそうです

▲名神高速道路、滋賀県にある大津SAでは、551蓬莱の豚まん(1個税込170円)。食べやすいサイズで中の具はとってもジューシー。いくらでもおかわりできてしまいそう……。このお店は人気で、大阪土産に持ち帰ると大変喜ばれるそうです

▲新名神高速道路、滋賀県の土山SA。こちらでは滋賀県のブランド牛、近江牛を使用した近江牛まん(税込390円)を頂きます。先ほどの豚まんより中の具がトロっとしており、牛の味をしっかり感じられる中華まんでした。大きくて食べごたえがあるのも◎ですね!

▲新名神高速道路、滋賀県の土山SA。こちらでは滋賀県のブランド牛、近江牛を使用した近江牛まん(税込390円)を頂きます。先ほどの豚まんより中の具がトロっとしており、牛の味をしっかり感じられる中華まんでした。大きくて食べごたえがあるのも◎ですね!

新東名高速道路はソフトクリームを食べ比べ!

新東名高速道路では、静岡県にある、浜松SAと駿河湾沼津SAでソフトクリームを食べることに。

同じように見えるソフトクリームでも、味も食感もぜんぜん違いますので、食べ比べして自分の好みのものを見つけたときはウレシイですよね!

▲浜松SAでは、高速道路初出店のPecolitaの富士山麓牛乳を使用したソフトクリーム(税込400円)と、目についたついでにスペアリブ(税込400円)も。人気のソフトクリームは、ふわっとした食感で、しっかりとミルクを感じられました。個人的には濃厚、というよりかはあっさりしていて食べやすかったです

▲浜松SAでは、高速道路初出店のPecolitaの富士山麓牛乳を使用したソフトクリーム(税込400円)と、目についたついでにスペアリブ(税込400円)も。人気のソフトクリームは、ふわっとした食感で、しっかりとミルクを感じられました。個人的には濃厚、というよりかはあっさりしていて食べやすかったです

▲駿河湾沼津SAのこちらも高速道路初出店となるIDEBOKのソフトクリーム(税込400円)。地元の乳製品を使用したソフトクリームは、口の中ですぐに溶けず、しばらく存在感を残す食感で、濃厚な味わいのソフトクリームでした

▲駿河湾沼津SAのこちらも高速道路初出店となるIDEBOKのソフトクリーム(税込400円)。地元の乳製品を使用したソフトクリームは、口の中ですぐに溶けず、しばらく存在感を残す食感で、濃厚な味わいのソフトクリームでした

東京まであと少し! 東名自動車道の上りにもあの海老名名物が!

長いこと広島から東京を目指してきましたが、いよいよ最後の高速道路、東名自動車道に入りました。結構おなかも膨れてきましたが、最後に神奈川県の海老名サービスエリアに立ち寄りました。

海老名といえばメロンパン。実は何種類かあるって知ってました?

▲そのひとつがこちら、高速道路初出店、箱根ベーカリーの箱根スペシャルメロンパン(税込280円)。しっとりとした生地の中に、メロン果汁を使ったクリームが入っています。正直メロンパンのモサモサとした食感が苦手だったのですが、これはぺろりといけてしまいました

▲そのひとつがこちら、高速道路初出店、箱根ベーカリーの箱根スペシャルメロンパン(税込280円)。しっとりとした生地の中に、メロン果汁を使ったクリームが入っています。正直メロンパンのモサモサとした食感が苦手だったのですが、これはぺろりといけてしまいました

いかがでしたでしょうか。上り線にも様々なグルメが存在していました。

私は、上り線を使用するときは帰路になるので、休憩に立ち寄っても早く帰りたい一心で滞在時間が短めでした。今回、あらためて注目してみたところ、その場所ならではのメニューが多数存在していることがわかりました!

心にゆとりを持って、ご当地グルメを堪能しながら帰路を楽しんでみてください。ぜひ!

text&photo/てんちょ~(編集部 大平拓摩)

関連記事リンク(外部サイト)

走行24万km超えのアルテッツァは、亡き父を近くに感じられる大事な存在
乗れば癒されるユルッフワなアメ車、100万円以下でどうですか?
子供にすぐ手が届く距離だから、娘とのドライブを安心して楽しむことができています!

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。