体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

菜の花と桜に包まれたムーミン列車&かつうらビッグひな祭りの旅

菜の花と桜に包まれたムーミン列車&かつうらビッグひな祭りの旅

こんにちは! モデルの斉藤アリスです。

今回のお目当ては、房総半島を走るいすみ鉄道。春には菜の花と桜の競演が楽しめるというローカル線に、季節をちょっと先取りして乗ってきます。

“ムーミン谷”を走るローカル線に乗車

大原駅 ムーミン列車

JR東京駅から特急わかしお号に乗って約1時間20分で、JR大原駅に到着。
いすみ鉄道は大原駅から上総中野駅までの14駅、26.8㎞を走るローカル線で、春には沿線約15㎞にわたって点在する菜の花が見られるそう。
さっそく大原駅で「行ってきま〜す!」と電車へ乗り込もうとした、その瞬間。
あれ? ねぇ、ちょっと待って……。

ムーミン列車 前面

ねえムーミン、こっち向いて?

ムーミン列車 側面

ムーミンどころか、全員こっち向いている!!

ミイ、スニフ、スナフキン、フローレンと、その他大勢。小学生のころからムーミン手帳を愛用しているほどアツい信仰を注ぐ私。これは素通りできなーーい!!
菜の花、桜、ムーミン列車

画像提供 いすみ鉄道株式会社

アリス「どうして千葉にムーミン列車が?」

スタッフさん「このあたりの渓谷や田園風景がムーミン谷に似ているという声があり、運行がスタートしました。特に3月中旬から4月中旬ごろは、満開の桜と菜の花を車窓から楽しめるベストシーズンで、乗車するのにおすすめですよ」

最高じゃないですか! 桜も菜の花もこれからですが、さっそく車窓からの眺めを満喫。本当にムーミンたちがひょっこり出てきそうな風景の中を進んでいきます。

ムーミン列車 スタンプ

車内ではスタンプラリーを発見。ノートに押してみると、ムーミンかわいい♪ 1日フリー乗車券にはスタンプを押す台紙がついているんだとか!

ここだけのムーミングッズがそろう駅ナカショップ!

風そよぐ谷 国吉駅 駅名標

列車に揺られること15分、到着したのは風そよぐ谷 国吉駅。ここでもムーミンファミリー大集合の、かわいい看板がお迎えしてくれます。

VALLEY WINDS ムーミングッズ

ぜひ立ち寄ってほしいのが、駅ナカにある「VALLEY WINDS(ぶぁれーういんず)」。主にムーミン関連のアイテムを扱うお土産屋さんです。

VALLEY WINDS ムーミングッズ

アリス「どんなアイテムが人気ですか?」

店員さん「ムーミン×いすみ鉄道のコラボアイテム(上の写真)ですね。あとはミニタイルも人気です。ほかでは売っていない限定品もあって、愛好家の方たちが遠くから買いに来られます」

原画のレトロなイラストが、マニアにはたまらん。「ねぇキミ誰?」っていうキャラもいるバラエティーの幅広さもたまらん。

まるで食堂車?電車の中でTKG

ポッポの丘 入り口

ムーミンだらけの駅を堪能したら、お次は「ポッポの丘」へ。
「ん? お嬢、また新しい駅に移動ですか?」
ノンノンノン、ここは鉄道車両の保存施設なのです。

ポッポの丘 施設内
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。