ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DJI Mavicデザインで1万円切りのGPS対応トイドローン「Lead Honor LH-X28」

タイで何と 2,350 バーツ(約 8,500 円)という手頃な価格ながらも GPS / Glonass 付きで DJI Marvic のようにアームを折りたたむこともできるトイドローン「Lead Honor LH-X28」を発見しました。
機体本体やアーム構造などの外観は DJI ドローンに似ており好印象です。
とても 1 万円を切るドローンだとは思えません。
しかも GPS / Glonass に対応しており、離陸地点に自動帰還するゴーホームやユーザーの持つスマートフォンを追尾するフォローミー、操縦者の周囲を旋回するオービットフライトなどのインテリジェントなフライト機能もいくつか装備しており、GPS 無しドローンよりも実用性は高そうです。
機体内部には GPS / Glonass 受信機の他、6 軸ジャイロスコープやコンパス、高度計測のための気圧計も搭載しており、標準で 850mAh のバッテリーでは 12 分間のフライトが可能とされています。
フライト時間も一般のトイドローンより長めです。
FPV カメラは [email protected] でしか動画を撮影できませんが、なんと LH-X28 は送信機からカメラの向きを最大 75 度の角度で調節することができます。
トイドローンのカメラは固定式か、可変式であっても手動の場合が多いので、この点は大きなアピールポイントになりそうです。
LH-X28 は Wi-Fi FPV ドローンなので、送信は付属しますが、実際にはスマートフォンの Wi-Fi で制御します。
そのため飛行可能な範囲は最大 100m と狭いです。

■関連記事
Googleの拡張現実フレームワーク「ARCore 1.0」がリリース、PixelシリーズやGalaxy S8などでも利用可能に
Xperia XZ2がQiワイヤレス充電に対応、WCH20も発売
Samsung、Galaxy Note 8のAndroid Oreoアップデートを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。