ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キズナアイ初のリアルイベント『A.I.Channel Fan Event 2018』が開催!!

『A.I.Channel Fan Event 2018』が開催!

2018年3月18日(日)YouTube Space Tokyoにおいて『A.I.Channel Fan Event 2018』が実施された。これはバーチャルYouTuber キズナアイさんのチャンネル”A.I.Channel”がチャンネル登録者100万人を突破したことを記念して実現した初のリアルイベントだ。なお、この様子は8000通~1万通の応募の中から選ばれた100人のファンの方々と共にYouTube Liveでも配信された。

キズナアイさんらしさ満点の「金の再生ボタン授与式」

イベントは大きく前半と後半に分かれて行われたが、前半の見どころは「金の再生ボタン授与式」だろう。“金の再生ボタン”とはGoogleからプレゼントされるオブジェなのだが、その対象はチャンネル登録者100万人を突破したクリエイターさんとなっている。過去にも様々なクリエイターさんへの金の再生ボタン授与式が行われたが、バーチャル空間にいるキズナアイさんは、どのように“金の再生ボタン”を受け取るのか。

ここで用意されたのが、キズナアイさんファンにはお馴染みの便利アイテム『ランダムワード生成器』だ。そのメカニズムは不明だが、キズナアイさん曰く「なんでも使える」便利な箱なのだ。イベント会場に用意された“金の再生ボタン”を、この『ランダムワード生成器』に入れると、バーチャル空間にいるキズナアイさんの手元に無事届いたのであった。

金の再生ボタン授与式の様子 金の再生ボタンがキズナアイさんの手に

ファンの方々との交流もしっかり

後半は来場した100人のファンの方々からの質問やお願いにその場で答えていく、題して「キズナアイチャレンジ100」だ。様々な要望の中には「ハイタッチをしたい」、「落語をやってほしい」というものもあったが、それらに対しても短い時間の中で応えていった。

印象的だったのは、このコーナーでは「歌って欲しい」「名前を呼んで欲しい」など重複する要望もあったのだが、それら要望が重なった場合も、キズナアイさんは飛ばすことなく手を変え品を変え都度回答していった点だ。その行為には、折角来てくれたファンの皆さん一人ひとりとコミュニケーションを取ろう、という姿勢が強く感じられた。

『A.I.Channel Fan Event 2018』は大盛況

声優デビューにコラボカフェ、そしてキズナアイさんからのメッセージ

イベント中には声優デビューも発表されたが、イベントの最後にも様々な発表も行われた。1つは「キズナアイカフェ開催決定」、2つ目は「6月30日 キズナアイ誕生日イベント開催」、最後に「アーティストデビュー」だ。まだこれらの詳細は不明とのことで、後日の詳細発表を楽しみにしよう。

初のリアルイベントということで、キズナアイさんにとって“未学習”なことも多かったと思われるが、普段から繋がりを意識しているキズナアイさんにとっても良いイベントになったのではないだろうか。イベント最後にキズナアイさんが語った「涙が出る的な感じの気持ちなのかな、って分かった気がします」という発言からも、そう感じるのであった。

【初リアルイベント!】『A.I.Channel Fan Event 2018』@YouTube Space Tokyo
https://www.youtube.com/watch?v=NGjckNlSBLI

ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy