ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Android Wearを「Wear OS」に改名へ

Google は 3 月 15 日、スマートウォッチ向けの Android OS「Android Wear」のブランド名を「Wear OS」に刷新することを発表しました。
ブランド変更の理由は、Android Wear がウェアラブルデバイス用の OS であることをもっと適切に表現できるようにするためとしており、今後数週間のうちにスマートウォッチ製品やアプリの名称が「Wear OS」に変更されます。
Android Wear は元からウェアラブルデバイス用の OS として提供されていますが、第一弾製品(LG Watch や Gear Live)が登場した 2014 年当時のウェアラブルデバイスと言えば、スマートウォッチやスマートバンド、アクティビティトラッカーといった腕時計型が大半で、事実上、これまではスマートウォッチ用の OS として認識されていました。
ウェアラブルデバイスは年々増えてきており、それに伴いユーザー数は増え認知度も高まってきています。
今後もしばらくはこの流れが続くでしょう。
そうした将来のウェアラブルデバイスの在り方にも対応するべく、今のタイミングで「ウェアラブル」なデバイスに合うブランドに変更しています。
Google は 3 月 22 日から開催されるバーゼルワールド 2018 で Wear OS や今後のビジョンをシェアする予定です。
Source : Google

■関連記事
Xiaomi MIUI v9.5.1.0にフルスクリーンナビゲーション機能など新機能が追加
Essential Phone PH-1に技適マークが表示されるようになった
DJI、Spark Fly moreコンボを7,000円引きにするなど春セールを実施中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。