ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BenQ のHDRサポート新4Kプロジェクター「TK800」はスポーツファン向け!

台湾メーカーのBenQはこのほど、最新技術を搭載した家庭向けプロジェクター「TK800」を発表した。

4K、しかもHDR(ハイダイナミックレンジ)対応で、リアルな映像を楽しめるというもの。色鮮やかさに加え、大音量も出る「スポーツモード」が用意されていて、テレビでスポーツの試合観戦をする人に特にお勧めという。

・本物の色彩を再現

テレビだけでなく最近はプロジェクターでも「4K」が当たり前になりつつある。そして次に重要なキーワードとなるのが「HDR」。端的に言うと、映像の明暗差をよりダイナミックに再現する技術で、本物の色彩を忠実に再現できるのが特徴だ。

この技術を搭載することにより、BenQは「家庭のリビングの照明の下でも、TK800で色鮮やかな映像を楽しむことができる」としている。

・複数の音響モード

また、音質にも力を入れていて、5Wオーディオで幅広い音域に対応。「サッカー」「スポーツ」「映画」「音楽」などのモードを用意し、それぞれにあったサウンドを楽しめる。

解像度はというと、4K UHDの830万ピクセル。投写はDLP方式となっていて、輝度は3000ルーメン。スクリーンサイズは30〜300インチとなっている。

TK800の大きさは353×135×272mm、重さ4.2キロと家庭用サイズだ。4月にも発売され、価格は1500ドル(約16万円)を予定している。

BenQ

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy