ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サムスンの146インチ巨大テレビ「The Wall」、8月発売へ

146インチのテレビと聞いて、どれくらいのサイズかリアルに想像できる人はほぼいないだろう。

もはやこれはテレビなのか?とさえ思ってしまうほど巨大なサムスンのテレビ「The Wall」が8月に販売されることになった。

・次世代パネル技術を採用

The Wallは今年初めに開かれた家電見本市で発表され、来場者を驚かせたテレビだ。146インチというインパクトのあるサイズだけではなく、機能性でも注目を集めた。

というのも、次世代パネル技術「マイクロLED」を活用していて、バックライトを使わないOLEDと同水準の美しい映像を可能にする。しかも寿命はOLEDより長いのだという。

・表示サイズは自由自在

また、The Wallはモジュール式であることも売りとしている。ここでいうモジュールとは、パーツを組み立てたり入れ替えたりするとかではなく、ディスプレイの使い方を変えられるということ。

たとえば、146インチディスプレイの中央に小さめに映像を表示したり、アスペクト比を自由に変更したりということが可能なのだ。

・一般家庭には大きすぎ

再びサイズの話に戻ると、一般に広さ6〜8畳の部屋に合うテレビが40〜42インチといわれる。55インチになると10畳以上は欲しいところだ。

それを考えると、146インチというのが途方もなく大きいことがわかるだろう。なので、これは少なくとも今の段階では一般家庭向けではない。

価格はまだ発表されていないが、かなり高価であることは間違いない。どこかの大企業や行政が購入して一般向けの施設などに設置してくれれば、私たちが目にする機会が出てくるかもしれない。

Samsung

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy