ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

矢沢永吉、“わがまま”で2016年発売のライヴ音源アルバムを再々ミックス

2016年7月にリリースされた矢沢永吉の約15年ぶりとなるライヴ音源アルバム『LIVE HISTORY 2000~2015』。本作品が本人の意向により、発売後にも関わらず再ミックスされ、既購入者には希望があれば無償で交換するという、前代未聞の対応を行なうことがわかった。
アルバム『LIVE HISTORY 2000~2015』 (okmusic UP's)

今回再出荷することになった作品はタイトルの通り2000年~2015年の膨大なライヴ音源から厳選した32曲を矢沢永吉自らがミックスを手掛けリリースしたライヴCD。このアルバムに対して2018年の年明け早々、矢沢から事務所スタッフに連絡があったという。

『あのライヴアルバムのミックスをやり直したい』…まさかの言葉にスタッフは耳を疑った。

2017年、矢沢永吉は全26公演の『TRAVELING BUS TOUR2017』を大成功で終え、年末年始を家族とアメリカで過ごしていた。異国の地で、ライヴ音源アルバム『LIVE HISTORY 2000~2015』を何回も聴いているうちに、彼の中で『もっとここのバランスをこうした方が良い!』という気落ちが各所で沸いたという。

こうなったら、動かないわけがないのが矢沢永吉だ。帰国し、早速矢沢はスタジオにこもり、32曲の再ミックスを自らの手で行なった。

2016年発売の本作品は、本人も納得のいく作品に仕上げリリースしていたことに間違いはない。それにも関わらずまた再び手を入れた。矢沢永吉自ら今回の再ミックスについて”矢沢のわがまま”と表現した。しかしこれは、どこまでも完璧を求めるアーティスト・矢沢永吉の”良いものを残したい”と思う純粋な欲求、こだわり以外のなにものでもないだろう。

これから出荷されるCDはすべて差し替えられるとのことだが、既に本作品を購入している人は無償での交換に応じるという。詳細はオフィシャHPに記載されているので、彼の求める完璧な作品が気になる!という方は是非チェックしてほしい。
アルバム『LIVE HISTORY 2000~2015』
2018年3月5日発売

GRRC-51〜52/¥3,519+税

<交換対応についての詳細>

■DIAMOND MOONでの受付

交換対応場所:東京赤坂『DIAMOND MOON』 2階SHOP

交換方法:『DIAMOND MOON』へ2枚組の旧盤を2枚ともお持ちください。2階SHOPレジにて旧盤と交換で、新しい2枚組のアルバムをパッケージごとお渡しいたします。

交換対応期間:2018年3月9日(金)12:00~2018年6月3日(日)閉店時間まで 

※CD1枚の場合は、交換対応ができかねます。CDは2枚組みです。

※ご購入時のレシートは不要です。

※旧盤のお買上げ場所は問わず、全て交換可能です。

■郵送での受付 

お客様ご負担手数料:送料一律800円(税込)

郵送での交換対応受付期間:2018年3月5日(月)12:00受付~2018年6月3日(日)23:59

※郵送の場合は送料等の手数料をご負担いただきます。

※お手元のCDをご返送いただく送料もお客様ご負担となりますことを予めご了承ください。

※コンビニエンスストア払いの場合、別途コンビニ手数料がかかりますことをご了承ください。

※クレジットカード決済も可能です。

https://www.eikichiyazawa.com/livehistory2000-2015/
 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy