ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バウンス撮影が簡単に! 発光部が自動で動くスマートストロボ「470EX-AI」がキャノンから

写真撮影にこだわりのある方はご存知かと思うが、撮影テクニックの一つとして、外部ストロボを使ったバウンス撮影がある。

壁や天井などに向けて光を放ち、その反射を利用する撮影だが、ここで難しいのがストロボを向ける角度や反射面までの距離の調整だ。その設定を自動で行うという機能を搭載したスマートなストロボ「470EX-AI」がキャノンから発表された。

・世界初のバウンス撮影自動化

470EX-AIの外観は他のストロボとさほど変わらないが、内蔵するセンサーやCPU、モーターでバウンス撮影を自動化している。この手のものとしては世界初なのだという。

ユーザーがシャッターボタンをダブルクリックすると被写体までの距離や天井の高さを計測。それらを元に、向きや角度を計算して発光部が自動で動くという賢いストロボなのだ。

・失敗なしに!?

バウンス撮影はうまくいくと自然で柔らかな写真が撮れるが、角度などを間違えると被写体に影ができるなどの難しさがある。

しかし、このストロボならバウンス撮影のハードルを下げてくれること間違いなし。縦位置で構えても横位置にしても、ストロボに“お任せ”するだけでいい。

・4月下旬発売

470EX-AIのその他のスペックとしては、最大ガイドナンバー約47、焦点距離24〜105mmをカバー。自動調光にも対応する。

価格は5万4800円(税別)で4月下旬に発売される。

キャノン

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。