ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

T-Mobile、年内に米国30都市で5G整備、2019年に運用開始へ

大手通信サービスのT-Mobileは、年内に米国30都市で5Gを整備する。同社のCTO、Neville Ray氏がバルセロナで開かれたモバイル・ワールド・コングレスで方針を明らかにした。

実際には、5G対応の端末が発売されるのを待って、2019年からの運用開始となる見込みで、2020年までには全米で展開する方針。

・まずは4都市で

まずは、ニューヨーク、ロサンゼルス、ダラス、ラスベガスの顧客が同社の5G通信を利用できるようになる。しかし、「最終的にはLTEと同じように、都市部だけでなく全国津々浦々まで5Gが行き渡るようにする」としている。

差し当たって600MHzの周波数から始め、今年中にはミリ波帯の整備に乗り出す。

・LAAをグレードアップ

また、免許不要の周波数帯を使ったLTE通信を可能にしているLAAをグレードアップさせるためのセルも2万5000個展開する見込み。これにより、通信の大容量化とスピードアップが図れるのだという。

もちろん5Gをめぐっては、T-Mobile以外のキャリアも着々と取り組みを進めていて、AT&Tは今年末にも次世代通信「5G Evolution」の商用開始を発表している。Verizonも実証実験を行うなど準備に余念がない。

米国、そして日本でも各キャリアが一番乗りを目指して競争がヒートアップしていて、5G時代はもう目の前にきているようだ。

T-Mobile

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy