ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【革命】メガ進化したVRゲームが凄い! テレビ画面から幽霊が登場 / 技術の応用で亡くなった人と会える「VR故人」も可能

vr

頭にディスプレイを装着し、あたかも「そこにいるかのような感覚」が楽しめるVR技術。プレイステーションVRやオキュラスリフトなどが個人向けとして販売されているが、さらに進歩したVRゲームの動画が話題となっている。

・MRやAR技術も駆使
VRヘッドマウントディスプレイとテレビ画面、そして位置情報と連動し、あたかもテレビ画面から幽霊が登場するかのような演出が楽しめるのだ。これはVRだけでなくMRやAR技術も駆使したものと思われる。どちらかというとARに分類されるゲームだ。

VR: 仮想現実
AR: 拡張現実
MR: 複合現実

・どこにで逃げても幽霊が追いかけてくる
この最新技術を駆使した映像がYouTubeに掲載されており、映画「リング」のようにテレビから幽霊が出現するシーンが再現されている。既存のVRゲームとの違いは、位置情報と空間を把握し、幽霊がどこまでも追いかけてくるという点。どこにで逃げても幽霊が追いかけてくる。

・まだ一般的ではない
ちなみに、プレイステーションVRは座ったままでのプレイを想定したものであり、その位置から動くゲームは皆無。

すでにヘッドマウントディスプレイを装着したまま移動できるVR製品は販売されているが、高額だったり、環境を整える必要があったりと、まだ一般的ではない。

vr1

・ゲームの世界が広がる
しかしながら、このような技術が発達すれば、ゲーム以外にも応用できる。擬似的なVR恋人を作ったり、VRペットを飼ったりすることは容易に可能。生前のデータを使用して、亡くなった知り合いと会えるVR故人も可能だ。

今回のようなVR製品やゲームが販売されれば、VRの世界、いや、ゲームの世界が広がるのは間違いない。しかし最低でもあと5年、いや8年は待つ必要があるだろう。

もっと詳しく読む: メガ進化したVRゲームが凄い! テレビ画面から幽霊が登場 / 技術の応用で亡くなった人と会える「VR故人」も可能(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/02/23/the-ring-brought-to-life-in-ar/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。